買う 学ぶ・知る

中野の歴史民俗資料館で「レコードと中野の暮らし」展 蓄音機やプレーヤー展示も

展示されているラッパ付き手回し蓄音機とレコード

展示されているラッパ付き手回し蓄音機とレコード

  •  
  •  

 中野区立歴史民俗資料館(中野区江古田4)で現在、「レコードと中野の暮らし」展が開催されている。

レコードのレーベルデザインも展示

 同館所蔵のレコードや蓄音機をカテゴリー別に紹介する同展。レコードの歴史や種類、レコードプレーヤーとレコードのある暮らしの風景、レコード時代の説明などをパネル展示する。

[広告]

 展示品は、レコード盤やレーベルデザイン、ポータブル蓄音機、金属ラッパ付きの手回し蓄音機、子どもでも簡単に操作ができるという「ポータブルフォノグラファ」やレコードプレーヤー、レコードを聴きながら使う「稽古用謡本(うたいぼん)」、昔の中野区歌レコード、耳で聞く絵はがき「フォノシート」など。

 開館時間は9時~17時。月曜・第3日曜休館。入場無料。7月21日まで。

  • はてなブックマークに追加