見る・遊ぶ

中野「劇場HOPE」で舞台「知らない星の住人たちへ」 宇宙人と地球人の人間模様描く

舞台「知らない星の住人たちへ」キービジュアル

舞台「知らない星の住人たちへ」キービジュアル

  •  
  •  

 「知らない星」企画制作の舞台「知らない星の住人たちへ」が7月5日~7日、小劇場エリア「ポケットスクエア」(中野3)内「劇場HOPE」で上演される。

(関連フォト)舞台「知らない星の住人たちへ」ポスター(裏面)

 小学校からの同級生3人で2017(平成29)年4月に結成し、助川紗和子さんが作・演出、kayakoさんがイラスト・衣装、tibbyさんが制作を担当し、年2回のペースで公演を行っている企画団体「知らない星」の5作目となる。今回は「考えることをやめた今を生きる人々に向けて」をコンセプトに、「人間関係が希薄化された時代を生きる私たちは、ちょっとしたことで傷付き、勝手に孤独になる。周囲のこと、自分のこと、将来のことを考えることに疲れてしまった現代人へのメッセージを込めた」という。

[広告]

 物語の舞台は東京都の一角にあるシェアハウス。それぞれのコミュニティーから疎外された人間たちが集まるシェアハウスに、「効率」を重視し感情や思考を制御された金星人たちがやって来る。地球人になりたい宇宙人と、宇宙人になりたい地球人の人間模様を描くストーリー。

 出演は、Aoiさん、池内一起さん、伊藤美風さん、井脇英成さん(エーライツ)、上野りかさん、kayakoさん、佐藤琴音さん、佐藤弥益さん(Glanz)、中陳剛佑さん、高野将大さん、徳永拓也さん、日香里さん、福永麻友さん、町田すずなさん、水楢日菜さん(フラッシュアップ)、みっつさん、矢作洋さん、ゆでちぃ子。さん。舞台監督は川畑信介さんと福元大介さん、振り付けは、三枝涼子さん、制作はtibbyさんと杉野紗英さん、演出助手・衣装はkayakoさん、脚本・演出は助川さんが担当する。

 開演時間は、7月5日=19時、6日=13時、16時、19時、7日=13時、16時の全6回。チケットは、一般=4,200円、18歳以下=3,000円。

  • はてなブックマークに追加