見る・遊ぶ

中野体育館でラグビーワールドカップ2019のパブリックビューイング開催へ

7人制ラグビー日本代表で中野区出身の豊島翔平選手がゲストで登場

7人制ラグビー日本代表で中野区出身の豊島翔平選手がゲストで登場

  •  
  •  

 中野区立中野体育館(中野区中野4)で9月20日、「ラグビーワールドカップ2019」のパブリックビューイングイベントが開催される。主催は中野区。

(関連フォト)ゲストとタイムスケジュール

 日本で初開催されるラグビーワールドカップの機運醸成に向けて行う事業の一つで、同日「東京スタジアム」(調布市)で行われる日本チームの初戦「日本対ロシア」戦をパブリックビューイングで観戦する。会場内に大型スクリーンが用意され、試合を観戦できるほか、ゲストの解説なども行われる。

[広告]

 ゲストには、7人制ラグビー日本代表としてリオデジャネイロオリンピックに出場した中野区出身の豊島翔平選手と、「ラグビーワールドカップ2019開催都市特別サポーター」(埼玉・熊谷)の中島早貴さんを招き、スポーツDJの古田優児さんが会場を盛り上げる。来場者にはオリジナル応援うちわと「ラグビーワールドカップ2019」ピンバッジを進呈する。

 開催時間は18時30分~21時30分。定員500人。問い合わせは同区保健福祉部スポーツ振興課(TEL 03-3228-8988)まで。

  • はてなブックマークに追加