買う

いじめ・虐待被害経験者が立ち上げたブランド「ツイン・アンジュ」が新井で展示会

新作「のあーる」(左)と「そるだ」(右)

新作「のあーる」(左)と「そるだ」(右)

  •  
  •  

 「女の子の心と体を応援するファッションブランド」をコンセプトとしたアパレルブランド「Twin ange(ツイン・アンジュ)」(千代田区)が10月9日から6日間、中野通り沿いの美容室「FREAKOUT(フリークアウト)」(中野区新井2、TEL 03-3387-7937)内スペースで新作展示会を開催する。

(関連フォト)第1弾の作品「ぷりゅむ」

 「ツイン・アンジュ」は、容姿をばかにされたいじめ被害の経験があるという広瀬舞子さんと、暴力による虐待被害の経験があるという真島茜さんの2人が立ち上げたアパレルブランド。自らの経験を力に変え、服を作ることで「かわいくなりたい、自分に自信を持ちたい、変わりたい」という女の子の心と体を応援したいという思いで、同ブランドを立ち上げたという。

[広告]

 展示予定の新作はゴシックセットアップの「のあーる」(3万9,000円)、ミリタリーセットアップの「そるだ」(3万3,000円、以上税別)の2セット。「のあーる」はジャンパースカートとワンピースのセットアップ、「そるだ」はジャンパースカートとブラウスのセットアップで、受注会も兼ねる。そのほか、1作目の商品である「ぷりゅむ」セーラーセットアップやアクリルチャーム、リボンなども購入できる。

 広瀬さんは「小さい頃から容姿でいじめに遭い、見た目にコンプレックスを抱えてきたが、かわいい洋服を着ると魔法にかかったように違う自分になれた気がした。もし同じような悩みを持った子がいたらかわいい洋服で違う自分を見つけてほしいし、かわいい服の魔法で幸せを感じてほしい」、真島さんは「虐待で傷付いた自分を誰にも見せたくなくて、長い間内の世界に引きこもって泣いてきた。泣いている人を外の世界に連れ出して、笑顔にしてあげたい。そのためにかわいい服を作り、笑顔でどこにでも行ける服の魔法をかけてあげたい」と話す。「2人で天使を増やしていきたい。諦めないで、負けないで。かわいくなることに遅いなんてない」(広瀬さん、真島さん)とも。

 開催時間は10時~18時。10月14日まで。

  • はてなブックマークに追加