学ぶ・知る

新井薬師前「スタジオ35分」で勝峰翳さん写真展「Frozen Memories 2」、テーマは「記憶」

勝峰翳さんの作品

勝峰翳さんの作品

  • 46

  •  

 編集者、文筆家で写真家でもある勝峰翳(かつみねえい)さんの写真展「Frozen Memories 2」が1月22日、廃業した写真館をリノベーションしたギャラリー「スタジオ35分」(中野区上高田5)で始まる。

(関連フォト)「スタジオ35分」外観

 勝峰さんは1965(昭和40)年、東京生まれで本名は勝峰富雄。大学卒業後、編集者として学習参考書や学研「ムー」編集、「山と溪谷」編集長などを務めた後に、書籍編集者として「くう・ねる・のぐそ」(伊沢正名さん著)や「山怪」(田中康弘さん著)など奇書から話題作まで担当。2010(平成22)年から、本業の傍ら写真家・勝峰翳として写真を、文筆家・勝峰溪として随想や小説を発表している。

[広告]

 勝峰さんは「今回のテーマは『記憶』で、失われゆく記憶の断片的なイメージを氷に閉じ込めて撮影している。凍結、あるいは再び融解していく過程で、自己の記憶が拡張し、皆さんの記憶と共鳴することがあれば。B・フォコンやJ・コーネル作品への共感から生じた冷凍庫と写真機を用いた奇矯な試み。ぜひ作品を見に来てほしい」と話す。

 開催時間は18時~23時(土曜は15時~)。日曜~火曜定休。2月8日まで。1月22日19時からレセプションパーティーを予定する。

Stay at Home