食べる 買う 暮らす・働く

中野区、コロナ禍の店舗応援事業「第2弾」 PayPay利用で利用者ポイント還元

JR中野駅北口にお目見えしたイベントの横断幕

JR中野駅北口にお目見えしたイベントの横断幕

  • 61

  •  

 中野区は現在、区内対象店舗でキャッシュレス決済サービス「PayPay(ペイペイ)」と連携したポイント還元キャンペーン「中野区でおトク!最大30%戻ってくるキャンペーン!第2弾」を開催している。

(関連フォト)店頭に掲示されているイベントポスター

[広告]

 新型コロナウイルス感染症の拡大で影響を受けた区内経済の活性化と、新しい生活様式によるキャッシュレス決済を推進することを目的として、今年9月に1カ月間限定で実施したキャンペーンの第2弾。大手チェーン店などを除く区内の対象店舗約3300店舗を利用した際に「PayPay」で支払いをした人に対し、後日、決済額に対して最大30%分の「PayPay」ボーナスを付与する。1決済当たりの付与上限額は3,000円、期間中の付与合計上限額は1万円。全体の事業規模を表す総決済額は約10億円を予定している。

 区民部産業振興課長の平田祐子さんは「今回のキャンペーンを機に店舗も利用者の皆さまもキャッシュレス決済の便利さを体感してもらいたい。中野区では、新型コロナウイルスの感染拡大防止や、買い物客の利便性向上による区内商店街への集客促進のため、デジタル技術を活用した非接触型決済の活用を区内全域で進めていきたいと考えており、今回のキャンペーンでキャッシュレス化への弾みがつくことを期待している。区民の皆さまにも、この機会に新たな店の開拓をするなど、おのおのの楽しみ方で活用し、区内商業を応援してもらいたい」と話す。

 期間は12月31日まで。キャンペーン参加店には店舗入り口や店内などにポスターが貼られている。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース