学ぶ・知る

東中野・東京テクニカルカレッジで無料セミナー データサイエンスをビジネスに

講師を務める東京テクニカルカレッジ・データサイエンス+AI科の金井伸也科長

講師を務める東京テクニカルカレッジ・データサイエンス+AI科の金井伸也科長

  • 83

  •  

 東中野の専門学校「東京テクニカルカレッジ」(中野区中野4)地下1階「テラホール」で11月24日、セミナー「今こそ知ろう!便利なデータサイエンス」が開催される。主催はNPO中野コンテンツネットワーク協会(通称=ナカノプラプラ)。

(関連フォト)会場となる東京テクニカルカレッジをJR東中野駅ホームから臨む

[広告]

 ナカノプラプラ設立10周年記念イベントとして開かれる同セミナー。同校データサイエンス+AI科の金井伸也科長を講師に招く。同科は、AI(人工知能)の活用やデータサイエンスを学びビッグデータから価値を創出するスキルを身に付けてもらう講座で、4月に開講。今回のセミナーでは、ビジネスシーンでデータを活用する場面で、「何ができるのか分からない」「どんなデータが有益なのか分からない」「データの扱い方が分からない」という「分からない」3つの解消を学んでもらう。

 金井さんは1988(昭和63)年、茨城県生まれ。科長に就任までは、筑波大学で物理学を学び、2013(平成25)年には修士(理学)を、2022年には同大大学院で修士(経営学)を、それぞれ取得。2017(平成29)年からはセラク社のIoTサービスのデータサイエンティストを務めた。

 「分からない」3つの解消では、「データサイエンスという言葉の理解」「データサイエンスを使った具体事例」「ダメな目的設定と良い目的設定」「データの使いやすさの区分」「データの意味の区分」「分析方法の区分」の講義を予定する。

 同NPOの中山典隆理事長は「世の中を変えるといわれているAIが扱うビッグデータの意味をひもとき、目的に即した分析を導き出すのがデータサイエンス。情報の扱いが今後のビジネスや社会の在り方の鍵を握る中で、データサイエンスの基本を知ることは誰にとっても重要だとセミナーを企画した」と話す。

 開講時間は19時~20時30分。受講無料。受講の申し込みはナカノプラプラ「今こそ知ろう 便利なデータサイエンス」セミナーページで受け付ける。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース