食べる

上高田「大二郎の小籠包」がリニューアル 焼きたての小籠包提供

店主の白川大二郎さんと「大二郎の小籠包」

店主の白川大二郎さんと「大二郎の小籠包」

  • 113

  •  

 東中野ギンザ北側入り口近くの小籠包(ショーロンポー)専門店「大二郎の小籠包」(中野区上高田1、TEL 090-3394-8240)が7月5日、テイクアウト中心の店にリニューアルした。

(関連フォト)焼きたて「焼き小籠包」

[広告]

 2017(平成29)年にオープンした同店。店主の白川大二郎さんは「サラリーマンだったが、小籠包に出合い、有名なシェフに教わりながらオンリーワンの小籠包を研究してきた。とにかくうまいものをと、楽しく一生懸命に取り組んだ。ウェブやインスタグラムで自慢の小籠包を発信し、新井の無人販売店も順調に売り上げを伸ばしているので、今回は焼きたての小籠包を提供できるよう店をリニューアルした」という。

 「焼き小籠包」のテイクアウトメニューは、9個入り=1,620円、18個入り=3,240円、27個入り=4,860円、追加1個=180円、2分の1人前4個入り=720円。「自家製黒酢」「角煮のちまき」「おいしいザーサイ」(以上650円)も販売する。営業時間には冷凍の「小籠包」「エリザベス餃子(ギョーザ)」「玉ねぎ焼売(シューマイ)」(以上、1袋8個入り1,000円)も販売する。

 白川さんは「ホテルや中華料理店など、いろいろな店に小籠包を卸しているが、自分が作った小籠包を最高の状態で食べてほしいと思い、焼きたて小籠包のテークアウトサービスを始めた。夕方の時間帯のみの営業だが、熱々の小籠包を試していただければ」と話す。

 営業時間は17時~19時30分。月曜定休。予約は営業当日の12時から受け付ける。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース