見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

「COOL中野」始動-第1弾は「GTO」藤沢とおるさんオリジナル戦隊もの

「COOL中野」の拠点となる桃丘小学校跡地

「COOL中野」の拠点となる桃丘小学校跡地

  • 0

  •  

 今年10月に一般社団法人化が予定されている「COOL中野推進協議会」(中野区中野3)は現在、「GTO」などで知られる藤沢とおるさんプロデュース「少女戦隊 中野モモイダーズ」プロジェクトを進めている。

「COOL中野」キックオフであいさつする藤沢とおるさん

 同協議会は「中野発オリジナルコンテンツを世界に」をコンセプトとし、今年6月に発足。旧桃丘(ももがおか)小学校跡地を拠点に日本全国にいる作曲家、役者、脚本家、プロデューサー、デザイナー、工芸作家、ダンサー、パフォーマーなどをマッチングさせ、中野を拠点としたオリジナルコンテンツを制作し、「COOL NAKANO STYLE」として日本や海外に発信することを目的としている。

[広告]

 藤沢さんプロデュースの同プロジェクトは、同団体の桃丘学園プロジェクト第1弾として桃丘小学校跡地を舞台とした女性が主役の戦隊もの。藤沢さんがキャラクター設定やデザインなどを進め、現在プロジェクトに携わるクリエーター、デザイナー、タレントなどを公式ホームページで募集している。詳細は10月12日・13日に中野セントラルパークを中心に開催される「中野にぎわいフェスタ」で発表、藤沢さんも同席する予定。

 今後は、第2弾、第3弾の企画も進行。音楽プロデューサーの三枝照夫さん、テレビドラマ脚本家の徳永富彦さん、アニメーターの須田正己さん、演出家・脚本家の大輪茂男さんなどが参画する。

 同協議会では、登録したさまざまなジャンルの職人をマッチングする「Artコラボ事業システム」を開発中で、完成後は台湾やフランスなどでも展開し、その土地ごとに独自のコンテンツが生まれる仕組みも提供するほか、日本と台湾など拠点間でも登録者同士のコラボレーションができるよう事業を推進するという。

 参加希望者は公式ホームページから申し込む。

 「ポップカルチャーの聖地」としての中野から独自コンテンツを生み出し、広く発信する「COOL中野」に今後も注目が集まる。

Stay at Home