見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

中野の専門学校・織田学園で恒例「針供養祭」-豆腐に献針、和服100人行列も

献針後は神主と共に和服生徒約100人が街を練り歩く(写真は昨年のようす)

献針後は神主と共に和服生徒約100人が街を練り歩く(写真は昨年のようす)

  •  

 JR中野駅周辺に5つの専門学校を有する織田学園(中野区中野5)理事長の鈴木貴子さんが校長を務める織田きもの専門学校と、元トップモデルの宇佐美恵子さんが校長を務める織田ファッション専門学校は合同で12月6日、「針供養祭」を開催する。場所は織田学園第8校舎地下グリーンホール。

織田学園の生徒たちが30丁サイズの特注豆腐2丁に献針する

 同祭は、普段より裁縫道具として針を使っている同校の恒例行事。着物や洋服を縫う際に変形した針の労をねぎらうというもので、江戸時代にはすでに行われていた「針供養の儀」と同じく、神主が玉串を奉納した後、生徒たちは豆腐に使えなくなった針を刺して供養する。

[広告]

 針を刺す豆腐は30丁(30×50×20センチ)サイズの特注豆腐2丁。お神酒・海の幸・山の幸・果物と共に同校地下ホールの特設祭壇に準備される。

 祭事後は伝統行事が滞りなく終わったことを報告するため、同校の学生約100人が神主と共に和服姿のまま、ふれあいロードやサンモールなど、同校周辺を練り歩く予定となっている。

 「針供養祭」の開催は10時から。「練り歩き」は10時55分に同校の出発を予定している。