見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

中野ブロードウェイに3Dプリンターが使える店-データ持ち込み・作成も

その場で使える3Dプリンターと照明カバーなど作品の数々

その場で使える3Dプリンターと照明カバーなど作品の数々

  • 0

  •  

 中野ブロードウェイ(中野区中野5)地下1階に2月3日、「あッ3Dプリンター屋だ!!」(TEL 03-6278-7642)がオープンした。

店舗外観とプロデューサーの中村翼さんとスタッフの太田奈那さん

[広告]

 3Dプリントを請け負う東京メイカー(中央区)と、3Dデータ作成のストーンスープ(横浜市)が共同出店した同店。これまではネット上で申し込みなどを受け付けていたが、「リアル店舗を出しても面白いのでは?」「3Dプリンターの商店は世の中にまだ存在していない」との声が社内で上がり議論を重ねた結果、中野を出店地として物件を探していたという。

 同店を切り盛りする東京メイカーの中村翼さんは「ちまたでは3Dプリンターがいろいろなメディアで取り上げられているが、実際に身近に感じている人は少ないし、手軽に使えるものにはなっていない。もっと3Dプリンターを使って手軽にオリジナル作品を作ってほしいと思い、『マニア』な中野に出店することにした。3階や2階ではなく地下1階というのも、マニアな人だけでなく高校生や主婦、お年寄りなどが多く行き交い、より生活に近いところに店を出したかったから」と話す。

 「なぜ3Dプリンターが身近に感じられないか?」という質問に対し、中村さんは「それにはいくつも問題があり、3Dデータが作れない、作れても3Dプリンターごとにデータをチューニングする必要があったり、希望通りの商品ができなかったり…。自分たちはそのノウハウがあり、その場で問題を解決しながら作品を出力することができるので、もっと身近にできる」と意気込む。

 インターン生で店舗スタッフを務める明治大学2年の太田奈那さんは「自分もネットから作品制作を申し込み、オリジナル作品を作ることができた。これからの3Dプリンターの可能性を、文系学生の視点から考えていきたい」と話す。

 「現在はプレゼン用のモックアップを作りに来る企業、自社の販促商品を作りたいというお客さまや、当店で制作した3Dプリンター作品を購入していく人が多いが、最近では3Dプリンターでオリジナル商品を作りたいなどの声も聞かれ、中野の『クリエイター魂』にも火が付いてきていると感じる」と中村さん。

 営業時間は12時~20時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース