食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

中野・薬師あいロードにジェラートカフェ-中野パパブブレ9周年に合わせ

「SNOW PICNIC」外観とイタリア人スタッフのLUCAさん

「SNOW PICNIC」外観とイタリア人スタッフのLUCAさん

  •  
  •  

 中野・薬師あいロード商店街のアートキャンディー専門店「パパブブレ」となりに6月27日、ジェラートカフェ「SNOW PICNIC(スノーピクニック)」(中野区新井1)がプレオープンした。

液体チッソを使ってジェラートを作るスタッフ

 同店は渋谷や横浜など日本国内に5店舗の「パパブブレ」から出た新ブランド。本社所在地である中野店のとなりの店が移転したことをきっかけに「パパブブレ」と横並びの形で新業態のジェラート専門店を作った。

[広告]

 オーナーの菅野さんは「1年半前にアジアの複数の国でジェラート専門店を見つけた際に、『日本でやってみたい』と思った」という。9年前にパパブブレを日本初出店する際にも、スペイン・バルセロナで友人が始めたパパブブレ本店を見て衝撃を受け、自ら修業して日本に持ち込んだという経緯がある。

 提供するジェラートは、すでにできているものをショーケースに並べて選ぶ形式ではなく、注文後に液体窒素を使ってその場でジェラートを完成させるというもの。「その場で作ったほうがフレッシュな物が作れるし、液体窒素で作ると見た目も楽しい」と菅野さん。現在は暫定の日替わりメニューで「ミルク」「エスプレッソ」「オレオ」「アーモンド」などを提供している。

 もう一つの「売り」であるコーヒーは、こだわりのロースト製法で豆を提供している業者から仕入れ、イタリア製「LAMARZOCCO(ラ・マルゾッコ)のコーヒーメーカーで抽出する。現在はコロンビア豆を使い、今後週替わりでいろいろなコーヒー豆を提供する予定。メニューはアメリカーノやラテ、アイスカフェラテなどで、「ラテアートは現在研究中」という。

 「パパブブレも6月25日でちょうど9周年、灼熱(しゃくねつ)のパプアニューギニアとブルキナファソの村をイメージして赤と黄色をベースにリニューアルした。そのタイミ ングでとなりに雪山を見ながらピクニックができるような涼しい庭を造ったつもり。地元の人たちに愛され、薬師あいロードに多くの人たちが来てくれるような商品や空間を提供していきたい」と意気込む。

 営業時間は現在未定。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加