食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

みなかみ町が中野で新設10周年イベント 「みなかみ体操」を「泉極娘」が乱舞

「みなComing体操」を披露した田中光さん(中央)、「泉極娘」、岸町長(右)

「みなComing体操」を披露した田中光さん(中央)、「泉極娘」、岸町長(右)

  •  
  •  

 JR中野駅北口暫定広場で6月28日、群馬県みなかみ町の「泉極祭 2015初夏の陣 ~爆誕泉極娘(せんごくガールズ) from みなかみ18湯~」と題したイベントが開催された。

(関連フォト)(左から)「ぐんまちゃん」「おいでちゃん」「湯湯」「ほたるぼーや」「ボビーくん」「クルトン中野」

 今年10月1日に新設10周年を迎え、「地方創生」に取り組む同町。4月から2016年3月にかけて「幸せの発見」をキーワードに、「町民が一丸となって同町にあるさまざまな幸せを見つめ直し体験できる」記念事業を展開している。今回、その一環として同町のPRを目的に同イベントを開催した。

[広告]

 オープニングイベントでは、岸良昌(よしまさ)みなかみ町長、田中大輔中野区長、北原ともあき中野区議会議長、ご当地キャラ「ぐんまちゃん(群馬県)」「おいでちゃん(みなかみ町水上温泉)」「湯湯〈=ゆうゆう〉(みなかみ町猿ヶ京温泉)」「ほたるぼーや(みなかみ町月夜野地区)」「ボビーくん(ドール社)」と中野区の「まちめぐり博覧会」マスコットキャラ「クルトン中野」のほか、同町にある18の温泉郷(=みなかみ18湯)を舞台にしたソーシャルゲーム「泉極志(せんごくし)」に登場する看板娘たち「泉極娘」も駆け付けた。

 ステージ上であいさつをした岸町長は「中野区とは3年前から里まち連携を、そして昨年は中野ブロードウェイとも提携し、非常に感謝している。より多くの人たちにみなかみの良さを知ってもらいたい」と話した。田中区長は「みなかみは自然、渓流、温泉など素晴らしい場所。これからは、都市と地方がお互いに補い合う時代。まずはここ中野からみなかみ町を発信していく」と話した。

 音楽プロデューサーの長戸大幸さんや大野愛果さんらが楽曲製作を、振り付けは元体操オリンピック選手の田中光さんが担当したオリジナル体操「みなComing体操(みなかみたいそう)」は、田中光さんを中心に、10人の「泉極娘」と、岸町長も参加して披露したほか、みなかみ町太鼓団体による演奏、さくらんぼやブルベリー、ハワイアンドッグやスムージーの販売、みなかみプレミアムウオーター「みなかみ湧水」の配布などが行われた。

 オープニングイベント後に田中光さんは「この体操、みんなが踊れるように考えたつもりなので、たくさんの人におぼえてもらいたいし、長く愛される体操にしていきたい。運動能力が向上するように作られているし、この体操が世界に注目されるよう活動を続けていきたい」と意気込みを話した。

 10周年記念事業の今後の予定は、10月4日に同町で10周年記念式典、11月14日・15日に「みなComing ウオーキング大会」などを予定している。

  • はてなブックマークに追加