暮らす・働く

なかのZEROで読売日本交響楽団が新春公演 マエストロに小林研一郎さん

読売日本交響楽団(C)読響

読売日本交響楽団(C)読響

  • 0

  •  

 なかのZERO(中野区中野2)大ホールで1月17日、「ニューイヤー・スペシャル・コンサート 小林研一郎&読売日本交響楽団」公演を行う。

マエストロ小林研一郎さん(C)満田聡

 同コンサートは、東京都内の区市町村と公益財団法人東京都歴史文化財団とが共催し、都民が身近な地域でクラシックコンサートに接する機会を提供するとともに、新進音楽家を登用し育成を図ることで都民文化の振興に寄与することを目的とした事業の一環。

[広告]

 公演内容は、1992年11月~2012年3月まで同交響楽団のコンサートマスターを務めたバイオリン藤原浜雄さんと若手のヴィオラ田原綾子さんをゲストに、マエストロは小林研一郎さんが務め、モーツァルト歌劇「フィガロの結婚」序曲バイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調K.364、ベートーベン交響曲第3番変ホ長調「英雄」の演奏を予定している。

 14時開演。チケットは全席指定で、SS席=4,300円、S席=3,800円、A席=3,300円(未就学児入場不可)。なかのZEROチケットセンター(TEL 03-3382-9990)で販売している。

Stay at Home