天気予報

24

21

みん経トピックス

中野BWでスコープ作品展「スタジオライフ」31年目

都立家政の古物販売店「ブックマート」、ヘビメタPVが「ヒドおもしろい」と話題に

  • 0
都立家政の古物販売店「ブックマート」、ヘビメタPVが「ヒドおもしろい」と話題に

プロモーションビデオのワンシーン(1)

写真を拡大 地図を拡大

 西武新宿線都立家政駅南口の古物買い取り販売店「ブックマート都立家政店」(中野区若宮3、TEL 03-5356-9393)のプロモーションビデオが4月13日にユーチューブで公開され、ネットで話題となっている。

プロモーションビデオのワンシーン(2)

 同ビデオ映像は、同店の店長である河村陽介さんと、同店常連客でアニメ制作などを行っている相木清久さんが意気投合し実現した。曲調はヘビーメタルで、作詞・作曲、撮影・編集などは相木さんが担当。米国人ボーカルのほか、ネパール人、中国人、日本人の出演者などのブッキングと企画全般は河村さんが担当した。

 プロモーションビデオは4月11日に完成し、同月13日にユーチューブで公開。じわじわとネット上で話題となり、同月15日には再生回数が急激に伸び、ツイッターでは「イングヴェイからのガンマレイワロタ」「ちょいちょいランボーを挟んでくるのがツボりました!」「ヒドおもしろい笑!」などのコメントが寄せられたほか、「落ち込んでたけどちょっと元気になった!ありがとう!」などの書き込みもあった(全て原文ママ)。

 歌詞の「イングヴェイからのガンマレイ」部分に関して相木さんは自身のフェイスブックで、「あれは会心の作詞だ。思いついたとき1人で爆笑したのだ」(原文ママ)とコメントしている。

 プロモーションビデオのコンセプトは「店前で歌を流して、子どもたちがつい覚えてしまうキャッチーなもの」。河村さんは「この曲を近所の子どもたちが覚えていて、10年後の同窓会などで『そういえば商店街にあったブックマートに変な曲が流れていたよな』と笑いながら語り合える、記憶に残るものを作りたかった」と話す。都立家政店だけでPVを作ったことについて、「ブックマート都立家政店という店名だが、その店名で独立したので問題ない」とも。

 今後、土曜・日曜・祝日には店頭での放送も予定している。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング