見る・遊ぶ

東京メトロ、中野車両基地で車両一般公開 アルゼンチンから「里帰り」丸ノ内線なども

昨年アルゼンチンから「里帰り」した車両と同形の丸ノ内線「旧500形」©東京メトロ

昨年アルゼンチンから「里帰り」した車両と同形の丸ノ内線「旧500形」©東京メトロ

  •  
  •  

 東京メトロは12月10日、中野車両基地(中野区弥生町5)で銀座線や丸ノ内線の車両を一般公開する。

東京メトロ中野車両基地

 東京メトロは、1927(昭和2)年12月30日に東洋初の地下鉄として上野駅浅草駅間(現・銀座線)が開業し、今年で90周年を迎えることを記念した複数のイベントを10月27日から開催。同基地での車両公開も記念イベントの一環。

[広告]

 銀座線と丸ノ内線の車両故障対応などを行っている同基地には、現在使われている銀座線1000系の特別仕様車両、丸ノ内線02系車両、銀座線で2017年3月まで使われていた01系車両のほか、昨年アルゼンチンから「里帰り」した丸ノ内線の旧500形車両があり、いずれも一般公開される。

 開催時間や参加申し込み方法など、詳しくは後日東京メトロ公式ホームページで公開する。

  • はてなブックマークに追加