天気予報

15

4

みん経トピックス

関東バスが復興支援イベント中野区役所前でエコフェア

中野でスーパーロボットトークショー 「Z制作裏側聞けた」「ロボガ声優陣トーク最高」とファン

中野でスーパーロボットトークショー 「Z制作裏側聞けた」「ロボガ声優陣トーク最高」とファン

(左から)田名部さん、森下さん、本多さん、クルトン中野、高岡さん、西連寺さん。

写真を拡大 地図を拡大

 中野セントラルパーク(中野区中野4)「コングレスクエア中野」地下1階コンベンションホールで11月12日、「スーパーロボットまんがまつり」が開催された。

(関連フォト)(左から)田名部さん、五十嵐さん、松島さん、勝田さん、友永さん。

 同イベントは、アニメコンテツを活用したイベント「中野×杉並アニメフェス2017」の一環で、主催は中野区と杉並区・東京商工会議所中野支部と杉並支部のメンバーで構成された「中野区・杉並区アニメサブカル地域ブランディング事業実行委員会」。杉並区では「アイカツスターズ!」「少年アシベ」など別内容のイベントが10月28日・29日に「座・高円寺」(杉並区)で開催され、中野区では同イベントのほか、「動画トレースワークショップ」「日本のアニメ100周年記念展」「キラキラ☆プリキュアアラモードショー」なども開かれた。

 会場には事前申し込みで集まった約100人が参加。40~60代の男性が多かった。「マジンガーZ」のヒロイン・弓さやかのコスプレ姿で登場した元AKB48田名部生来さんが第1部と第2部を通してMCを務めた。「5年前に作ってもらった衣装、体も若干成長してスカートが際どくなった」と田名部さん。

 第1 部では、「マジンガーZ」第34話「紅い稲妻 空飛ぶマジンガー」上映後、田名部さんにアニメーション研究家の五十嵐浩司さんがMCに加わり、テレビシリーズで演出を務めた勝田稔男さんと原画を務めた友永和秀さんらの「マジンガーZ」製作陣、アニメーターの越智一裕さんが登壇し、当時の思い出エピソード、制作裏話やスーパーロボットアニメに関するトークを行った。「グレンダイザー」に「マジンガーZ」の主役である兜甲児(かぶとこうじ)を登場させたら兜甲児のファンが怒ってカミソリの刃を送ってきたエピソードなど、当時の苦労話も披露し、会場を魅了した。「マジンガーZ」で2代目・弓さやか役を演じた松島みのりさんもスペシャルゲストとして登場。第1部終了後には関係者によるフォトセッションが行われた。

 第2 部では、「ロボットガールズZ」第0話を生オーディコメンタリー上映し、「ロボットガールズZ フルコンプBlu-ray」に収録されている新作ぷちキャラアニメーション「復活の地下帝国!?ロボットガールズZ vs なぞの三大主役ロボ!」を初公開。登壇した主人公・Z ちゃん役の本多真梨子さんをはじめ、ガイちゃん役の高岡香さん、カラダK7役の森下由樹子さん、グロちゃん役の西連寺亜希さんが「これからのロボガ」や「実写版デビルマン関連トーク」などで会場を沸かせたほか、中野区の「まちめぐり」マスコットの「クルトン中野」も登場して中野区関連の大喜利も行った。イベント後半には11 月16 日に誕生日を迎える高岡さんに対しての「バースデー」サプライズ演出もあった。会場全体で「ハッピーバースデー」の大合唱、バースデーケーキも登場。高岡さんは「このような演出は初めてでとてもうれしい。みんな家族みたいであったかい」とコメントした。

 大阪から来たという「マジンガーZ」のファンは「スーパーロボットで育ってきたので、勝田さんや友永さんのレジェンドトークには感動したし、スポンサーとの駆け引きなどの話が聞けて感激した」と、千葉から来たという「ロボガ」ファンは「本多さんのトークは最高だった。実写版デビルマンのディスりのところは会場が一つになった感じ」と興奮気味に話していた。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

中野ブロードウェイの館内放送が話題に 来館中国人「萌」「可愛」「美的」の声 (関連フォト)館内案内の声を担当した許綾香さん ©ケンユウオフィス
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング