天気予報

21

12

みん経トピックス

中野・都立家政で阿波踊り中野ゼロで「こどもフェス」

中野で「スーパーロボット大戦OG ボックスアート展」 開田裕治さん初の個展

中野で「スーパーロボット大戦OG ボックスアート展」 開田裕治さん初の個展

開田裕治さんの「ボックスアート」 (c)SRWOG PROJECT

写真を拡大 地図を拡大

 中野ブロードウェイ(中野区中野5)4階のアートギャラリー「Gallery リトルハイ」で7月29日、イラストレーター開田裕治さんの個展「スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS ボックスアート展」が始まった。

「スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS ボックスアート展」キービジュアル

 同展は、開田さんが壽屋(ことぶきや、立川市)発売のプラモデルパッケージとして、2005年から8年間にわたって描き下ろした「スーパーロボット大戦OG」のロボットキャラクターイラスト全48作品から、自ら選んだ28作品を展示する。「スーパーロボット大戦OG」の作品は、今まで作品集などにも収録されたことがなく、展示も今回が初という。全てパソコン編集ソフトによるデジタルアートで、展示作品は開田さんの手によって調整、プリントされた高精度出力画。

 「スーパーロボット大戦」は今年で25周年を迎えるバンプレスト(現・バンダイナムコゲームス)の人気ゲームで、既存のロボットアニメのキャラクターやロボットが登場するシミュレーション・ロールプレーイング・ゲーム(SRPG)。「スーパーロボット大戦OG」はスーパーロボット大戦シリーズの一つで、登場するロボットキャラクターは全てゲームオリジナルの機体。

 開田さんは1953(昭和28)年兵庫県出身で、「怪獣絵師」とも呼ばれるイラストレーター。怪獣やロボットなどのキャラクターイラストを、雑誌、単行本、ポスター、プラモデルパッケージや映像ソフト、音楽ソフトのパッケージなどのために制作。開田さんの描くプラモデルの箱絵は芸術性を高く評価され、「ボックスアート」と呼ばれる絵画のジャンルを作り上げたといわれている。代表作はガンダムシリーズのプラモデルパッケージやウルトラシリーズなどの特撮作品の映像ソフトパッケージなど。

 開催時間は12時~19時(最終日は17時まで)。水曜休廊。8月8日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

中野の風景を切り取るスマホ写真撮影術セミナー 人気「インスタグラマー」が講師。(関連フォト)講師を務めるGentaこと増田元太さん
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング