見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

なかのZEROで「こどもフェス」 家族向け映画やライブ、ワークショップや怪談も

不思議わくわく☆サイエンスショー(過去開催時の様子)

不思議わくわく☆サイエンスショー(過去開催時の様子)

  • 0

  •  

 なかのZERO(中野区中野2)西館で8月5日から3日間、「なかのZEROこどもフェスティバル2016」が開催される。

(関連フォト)牛乳パック工作(ひゅるひゅるオバケ)

 「子育てのヒントや新しい体験、新しい発見をしてほしい」と夏休みの時期に毎年開催し、子どもや子育て世代が楽しく家族で参加できるイベントやワークショップを展開する同イベント。今年はライブや映画鑑賞、ワークショップやプラネタリウムなど、約20のイベントを用意する。

[広告]

 8月5日には、中野区在住の絵本・童話・あそびうた作家、藤本ともひこさんの「絵本ときどきあそびうたLIVE」と題したプラネタリウムライブ(13時30分~、16時~)を開く。

 8月6日には、キャラクター全員のダンスやミュージカル「忍たま乱太郎キャラクターショー&うたのおねえさん」(11時~、14時~)と、関連イベントとして子どもたちがホールの仕事を体験できる「こどもレセプショニスト」を開催。講座・ワークショップは、「廃材木工カーレース」「ゆかたを着ておでかけしよう!」「ハーブとアロマでバスボム作り」を用意。

 8月7日には、世界最大のジャングル「アマゾン」をテーマしたネーチャー・ドキュメンタリー「アマゾン大冒険」を鑑賞する「おやこシネマ」(11時~、14時~)。講座・ワークショップは、工作ワークショップもある「不思議わくわく☆サイエンスショー」、親子で楽しむ「親子でヒップホップダンス体験」、おみくじ・パペット作り・占いの館などの「あそび村″夏!″0歳から99歳まであそびたおせる!」ほか、「ペーパークラフト教室」「ダン ボッコキッチン体験」「牛乳パック工作」などを開催。「昔の中野」の風景や藤本ともひこさんの作品も展示する。季節の星空を中心に星や宇宙の話をする「ちびっこプラネ ~なつの おほしさま~」や、夏期特別投映「知られざる太陽系の姿」などのプラネタリウムも実施する。

 併せて、イベント期間中に使った対象チケットを持参すれば近隣商店街でサービスが受けられる「半券とっとこう!」キャンペーンも開催する。

 チケット購入方法や申し込み方法、開催時間など詳しくはなかのZEROイベントページで確認できる。

Stay at Home