天気予報

10

1

みん経トピックス

沼袋が「おひなさま」一色に中野で中山星香さん原画展

落合駅近くのラーメン店「人間ばんざい」が1周年 研究重ねた「にぼしみそ」に自信

落合駅近くのラーメン店「人間ばんざい」が1周年 研究重ねた「にぼしみそ」に自信

店主お薦めメニューのひとつ「味噌つけめん」

写真を拡大 地図を拡大

 東京メトロ東西線落合駅近くのラーメン店「究極のにぼし味噌らーめん 人間ばんざい」(中野区東中野4、TEL 03-6279-2847)がオープンして1周年を迎えた。

(関連フォト)地下鉄東西線落合駅近くの「人間ばんざい」外観

 昨年2月13日にオープンした同店。席数は、カウンター11席、テーブル4席、合計15席。店主の金子良幸さんは渋谷駅近くの北海道ラーメン店で修業しながら煮干しとみその相性に着目し、数年間独学で「煮干しみそスープ」の研究を進め、自信が持てる味が完成したタイミングで独立を決意した。

 金子さんは「煮干しとみそのスープはほかのラーメン店があまりやりたがらない領域だったので、自分が独立するまでは誰も煮干しみそラーメンの店を出さないでほしいと願っていた。煮干しのえぐみや臭みをなくし、みそとのバランスにこだわったスープが売り」と自信を見せる。

 北海道産小麦100パーセントの全粒粉の麺を使ったラーメンメニューは「究極のにぼし味噌らーめん」(850円)、「味噌らーめん」(780円)、「味噌つけめん」(880円)などのほか、「塩らーめん」(700円)や「小盛りしょうゆ塩らーめん」(600円)なども用意する。サイドメニューは「特製黒豚ギョーザ(3個)」(250円)や「チャーシュー飯」(250円)など。ドリンクメニューは瓶ビールや生ビール、焼酎割り、レモンサワー、ソフトドリンクなど。

 金子さんは「オープンから1年、有名な漫画家さんやイラストレーターさん、近くで飲食店を経営する人たち、お笑い芸人さんなど、色んな人たちに自分のラーメンを提供できたことに感謝しているし、多くの人がリピーターとなってくれたことが自信となって、これからもっと皆さんの期待に応えたいという意欲がどんどん沸いてきている。店名にした『人間ばんざい』は、『食』という字は『人』を『良くする』と書くので、食べることで幸せになり、それを感じられるのは人間だからこそ!人間って良いよね!という思いから。もっともっと究極のラーメンにできるようがんばる」と話した。

 営業時間は、昼=11時30分~14時30分、夜=18時~翌2時(日曜・祝日は中休みなしで22時まで)。火曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング