食べる 暮らす・働く

中野サンプラザ、45周年で限定オリジナル商品 どら焼きや人形焼きなど

45周年記念商品のどら焼き

45周年記念商品のどら焼き

  •  

 中野サンプラザ(中野区中野4)は6月1日、オリジナル商品の販売を開始した。

(関連フォト)中野サンプラザ

 1973年(昭和48)6月1日に勤労者福祉施設「全国勤労青少年会館」として開業した同施設。文化複合施設としてホテルや結婚式会場、会議室などのほか、ホールは2222席を有するコンサート会場として、演歌歌手やアイドルのコンサートなどに利用されている。

[広告]

 オリジナル商品は、開業からちょうど45周年となる6月1日から1階ロビーで販売。同施設ロゴの焼き印が押されている開業45周年記念オリジナル商品「どら焼き」(4個入り)や「サブレ」(8枚入り)、「人形焼き」(12個入り)や「最中」(4個入り)で、価格は各1,000円。

 営業時間は10時~18時。