食べる

野方に間借りカレー店「豆くじら」 タパス店で週末限定ランチ営業、間借り3店目に

屋号「Curry Dance」の「チキンカレーと麻婆キーマかカレーの2種盛りカレー」

屋号「Curry Dance」の「チキンカレーと麻婆キーマかカレーの2種盛りカレー」

  •  

 野方の多国籍タパス店「SAND」(中野区野方5)の週末ランチタイムを間借りして営業するソーシャルカレーショップ「豆くじらSAND店」(TEL 03-6318-0861)が2月2日、オープンした。

(関連フォト)タパス店「SAND」外観

 2018年3月に高円寺あづま通り商店街北側入り口近くの早稲田通り沿いにオープンした「ソーシャルカレーショップ 豆くじら」(大和町1)はカレー店専門のレンタルスペース。日替わりの屋号でそれぞれのカレーショップオーナーが自身の作るカレーを提供してきた。今年1月には「Spincoaster Music Bar」(渋谷区)のランチタイムだけ「豆くじら」として間借りし、間借りした時間帯にカレー専門店を日替わりで入れるという業態の店「豆くじら Spincoaster Music Bar」をオープン。

[広告]

 今回開いた「豆くじらSAND店」も、同じく「間借りの間借り」という業態でオープンした。

 オープンからしばらくは土曜・日曜を中心としたのランチタイムを「豆くじら」として間借りし、屋号「Curry Dance」が入ってそれぞれのカレーを提供する。「豆くじら」店主の藤枝裕貴さんは「これからSAND店の出店者も増やしていきたいし、今後も同形態で豆くじらのチェーン展開をしていきたい」と話す。

 営業時間は12時~16時(「豆くじら」営業時間外は「SAND」が通常営業)。