学ぶ・知る

中野駅構内で「中野駅開業130周年記念絵画展」 近隣小学校の5年生が描く

「中野駅開業130周年記念絵画展」はホーム間地下連絡通路が会場

「中野駅開業130周年記念絵画展」はホーム間地下連絡通路が会場

  •  
  •  

 4月11日に開業130周年を迎えたJR中野駅(中野区中野5)構内で現在、「中野駅130周年記念絵画展~中野駅の昔・未来・今~」が開催されている。

(関連フォト)中野駅構内に掲示されている案内ポスター

 1889(明治22)年4月11日に甲武鉄道(後の中央線)新宿~立川間が開業し、同時に中野駅の利用が始まったため、中野駅も同日、130周年を迎えた。駅では、1000セット限定の5枚1組で1セット700円(140円×5枚、台紙付き)の記念入場券販売、中野駅発の特別お座敷列車「中野駅130周年記念号」の運行などを130周年記念イベントとして行い、同展もその一環となる。

[広告]

 駅東側のホーム間の地下連絡通路をギャラリーとし、昔の中央線車両や未来の中野駅、現在の中野サンプラザなど、同駅周辺の桃園第二小学校と桃花小学校の5年生が描いた中野駅や周辺施設に関する絵画や版画を展示している。

 5月31日まで。

  • はてなブックマークに追加