学ぶ・知る

中野「れきみん」で「昭和の東京オリンピックと中野のくらし」展 当時の暮らしテーマに

当時の「人」「モノ」「暮らし」を振り返る展示内容

当時の「人」「モノ」「暮らし」を振り返る展示内容

  •  
  •  

 山崎記念中野区立歴史民俗資料館(通称=れきみん、中野区江古田4、TEL 03-3319-9221)で7月23日、コーナー展「昭和の東京オリンピックと中野のくらし」が始まった。

(関連フォト)写真で見る暮らしの移り変わりコーナー

 2020年7月24日から17日間開催される東京オリンピックまであと1年。1964(昭和39)年に開催された東京オリンピックはその前後の人々の暮らしに大きな影響を与えたことから、当時の風景写真、扇風機やトースター、洗濯機や冷蔵庫などの電化製品、かき氷機や玩具なども展示し、オリンピックと中野の人々の暮らしを解説パネルなどを交えて振り返る。

[広告]

 開催時間は9時~17時。月曜・第3日曜休館。入館無料。8月4日まで。

  • はてなブックマークに追加