3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

中野セントラルパークに豚肉専門店「とん一」 とんかつやトンテキ、丼ものや酢豚も

エリアマネジャーお薦めの「とんテキ定食」

エリアマネジャーお薦めの「とんテキ定食」

  • 146

  •  

 豚肉メニュー専門店「とんかつ かつ丼 豚屋とん一」(TEL 03-5380-8570)が2月28日、中野セントラルパーク(中野区中野4)サウス2階にオープンする。

(関連フォト)「とん一」定番メニューの数量限定「厚切りとんかつ定食」

 オープンキッチンの店舗を多く展開し、讃岐釜揚げうどん「丸亀製麺」やハワイアンパンケーキカフェ「コナズ珈琲(コーヒー)」、焼き鳥ファミリーダイニング 「とりどーる」などを手掛けるトリドール(渋谷区)が展開する同店。同社エリアマネジャーの岡優太朗さんは「とん一はショッピングモールなどに多く展開しヤングファミリー向けのメニューが中心となっているが、立地環境を踏まえビジネスとファミリー双方向けのメニューを意識した店舗としている」という。席数は、カウンター19席、テーブル45席、合計64席。

[広告]

 フードメニューは、「みそ豚丼」「旨(うま)だれ豚丼」「しょうが焼き丼」「チャーシューエッグ丼」(以上490円)や「かつ丼」「たれかつ丼」(以上550円)などの丼もの(ご飯大盛り=100円増し、みそ汁サラダセット=150円増し、肉1.5倍メニューを用意)、低温加熱で甘辛い味付けの「とんテキ定食」(790円)のほか数量限定「厚切りとんかつ定食」(990円)や「ひれかつ定食」(790円)、「とんかつ定食」(690円)、「かつカレー」や「からあげ定食(5個)」(以上690円)、「黒酢酢豚定食」(790円)も用意する。

 ドリンクメニューは、生ビール「キリン一番搾り」(中=490円、小=390円)、ハイボール、レモン・グレープフルーツなどのサワー類、梅酒、「白水(麦)」や「幻の露(芋)」の焼酎、ワイン(以上390円)のほか、ジンジャーエールやコーラなどのソフトドリンク(190円)を用意する。

 岡さんは「とん一は50店舗以上を展開しているが、この店はメニューの在り方にこだわり、挑戦する店舗にしたい。この辺りはランチ難民も多いと聞く。安くておいしいメニューを用意しているので、気軽に一度食べにきていただきたい。期待を裏切らないようスタッフ一同、味と接客に注力するとともに、夜営業のための単品メニューも増やしていきたい」と話す。

 営業時間は11時~22時(土曜・日曜・祝日は21時まで)。

Stay at Home