3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

東中野「名店会」にそば新店 新宿三丁目から移転、十割そば売りに丼物も

「そば処 一」の外観

「そば処 一」の外観

  • 53

  •  

 JR東中野駅東口南側の東中野名店会に6月8日、「そば処 一(はじめ)」(中野区東中野1、TEL 03-3361-1414)がオープンした。

(関連フォト)十割もりそば

 新宿三丁目で15年間、そば店として営業していた同店。借りていた建物の老朽化に伴い移転先を探していたところ、知人からこの物件のことを聞き、店を3月に閉店し移転を決めたという。席数は、カウンター8席、テーブル11席で、アクリル板や除菌シートなどで新型コロナウイルス対策も取っている。

[広告]

 温かいそばメニューは、「かけそば」(650円)、「たぬきそば」(750円)、「とろろそば」「なめこそば」「なっとうそば」「ねぎそば」「きつねそば」(以上850円)などのほか、「鴨南そば」(1,100円)、「えび天そば」「穴子天そば」(以上1,250円)や、新宿三丁目時代に人気のあった豆腐となめこやとろろ入りの「とうふそば」(1,050円)も用意する。冷たいそばメニューは温かいそばメニューがぶっかけそばとなるほか、「もりそば」(600円)、ざるそば「700円」、「辛味ダイコンせいろ」(850円)が加わる。全て「二八(にはち)そば」「十割そば」が選べ、十割そばは100円追加となる。

 フードメニューは、ミニ丼の「まぐろ丼」「しらす丼」「チャーシュー丼」(以上350円)、おつまみとして「豆腐」「板わさ」「冷やしトマト」「長芋わさび」「枝豆」(以上350円)や、「まぐろ刺し」「氷頭なます」「にしん炙(あぶ)り焼」「厚焼き卵」(以上500円)などと、「えび天」「野菜天盛り」(以上750円)や「穴子天」(800円)などの天ぷらを用意する。ドリンクメニューは、ビール類、焼酎類、サワー類、日本酒類、ソフトドリンクを用意するほか、そば焼酎「雲海」や麦焼酎「吉四六」などのボトルもキープできる。

 営業時間は11時30分~14時、17時~21時。日曜定休。

Stay at Home