食べる 暮らす・働く

中野五差路近くに塩ホルモン焼き新店-ワンコインに「こだわり」

店長一押しの「ハラミ」(500円)

店長一押しの「ハラミ」(500円)

  • 0

  •  

 中野通りと大久保通りの交差点近くに4月24日、ホルモン焼き「塩ホルモン さとう」(中野区中野2、TEL 03-6382-8529)がオープンした。

「塩ホルモン さとう」外観

 早稲田通り沿いにある隠れ家ダイニング「円らく中野荘」(中野4)の姉妹店となる同店のコンセプトは「肉も野菜もうまいワンコインの店」。店長の佐藤誠さんは「肉がおいしいからこそ、おいしい野菜をメニューに入れ、栄養のバランスを取って頂きたい。お客さまの明日への活力になれたら」と話す。

[広告]

 肉類は佐藤さんが修業時代から付き合いのある信頼できる業者のもの、野菜も三浦野菜を栽培している高梨農園から直送し、現地に出向いて味のチェックなども定期的に行っている。

 メニューは、脂付きWホルモン、ハラミ、上ミノ、和牛ハツ、上レバー、限定ハラミすじ、特製ミックスホルモン、豚バラ、豚タン、豚トロ、鶏肉3点盛り、白金豚の生ソーセージ、熊本産極上馬刺しなどのほか、ホルモン煮込みなどの一品もの、極上牛トロ飯などのご飯もの、おまかせ野菜盛りやキノコのホイル包み焼きなどの野菜もの、自家製プリンなどもほぼ全てが500円。

 酒類はワイン、マッコリをはじめ、店長の気まぐれで日本酒を準備することも。宴会メニューはなく、人数や予算など店長と相談して、飲み放題の価格や内容、飲みたい酒類の銘柄などを決めるという。

 営業時間は17時~翌3時。