見る・遊ぶ 暮らす・働く

中野で宮川彬良さん指揮のオーケストラ、アンコールは来場客と「共演」も

「シエナ・ウインド・オーケストラ」(C)三浦興一

「シエナ・ウインド・オーケストラ」(C)三浦興一

  • 0

  •  

 なかのZERO(中野区中野2)大ホールで6月8日、宮川彬良さん指揮の下、「シエナ・ウインド・オーケストラ」の公演が行われる。

アンコールでは一般客が楽器持参でステージにて演奏できる

 同オーケストラは1990年に結成。現在、文京シビックホールを拠点に演奏活動し、定期演奏会のほか全国各地での音楽祭やイベントへの参加、音楽鑑賞教室などの青少年育成事業などへ出演するなどの活動を行っている。オーケストラ編成による演奏だけでなく、管楽器の特色を生かした多様なアンサンブルユニットによるコンサートや管楽器クリニックなどの活動も積極的に展開、国内吹奏楽愛好家の「フラッグシップオーケストラ」としても人気。

[広告]

 宮川さんは作曲家・ピアニスト。東京芸術大学在学中より劇団四季、東京ディズニーランドなどのショーの音楽を担当。その後、舞台音楽家として「ハムレット」「マクベス」などを手掛け、1995年からは大阪フィル・ポップス・コンサートの音楽監督・常任指揮者を務める。最近では新しいタイプのオーケストラコンサートを展開、NHKの教育番組「クインテット」の音楽も担当し、自身も「アキラ」として出演するなど、活動の幅が広い。

 予定されている曲目は、組曲「宇宙戦艦ヤマト」「勇者のマズルカ」、復興への序曲「夢の明日に」、吹奏楽のためのソナタ「ブラック・ジャック」「シャル・ウィ・ダンス?」、シンフォニック・ダンス(ウエスト・サイド・ストーリーより)などのほか、アンコールとして予定されている「星条旗よ永遠なれ」は楽器持参の観客が舞台に上がって同オーケストラと一緒に演奏できる。

 開演は15時30分。チケットは全席指定でSS席=3,500円(会員=3,200円、学生=2,500円)、S席=3,000円(同=2,800円、同=2,000円)、A席=2,500円(学生=1,500円)。未就学児は入場不可。なかのZEROチケットセンター(TEL 03-3382-9990)などで販売している(完売間近)。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home