見る・遊ぶ

中野「ニュースタアギャラリー東京」でアーティスト近藤康平さん個展「旅先の扉」

近藤康平さん個展「旅先の扉」の様子

近藤康平さん個展「旅先の扉」の様子

  • 37

  •  

 アーティスト近藤康平さんの個展「旅先の扉」が現在、「ニュースタアギャラリー東京」(中野区本町5、TEL 03-6382-8218)で開催されている。

(関連フォト)中野「ニュースタアギャラリー東京」エントランス

[広告]

 近藤さんは茨城県取手市在住。鳥取大学大学院農学研究科で森林学を学び、絵本書店員・絵本編集者を経て、29歳のとき独学で絵を描き始めた。全国各地で個展を開く傍ら、ライブペインティングパフォーマーとして多数の音楽家たちと共演。テキスタイル、舞台美術のほか、2020年には画集「ここは知らないけれど、知っている場所」を発売。同展では、ペインティングの新作50点を展示販売するほか、近藤さんの作品に登場する動物たちのような立体作品も展示。自身でセレクトした絵本や文芸書などの古書も並べ、世界観を演出する。

 近藤さんは「絵は旅先で出合う魅力的な扉に似ていると思う。旅先でふとなぜか気になる扉に出合う。その扉をそっと押してみると別の世界につながっているように思える。それは魔法の扉。その扉を開けると、もう一つ別の世界が広がっているのでは、と想像が膨らむ」と話す。

 営業時間は13時~19時。水曜・木曜定休。6月28日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース