学ぶ・知る

中野のプラネタリウムで特別投影 大人のための天文教室、流星群の予報手法も

「なかのZEROプラネタリウム」坪内重樹さん撮影の流星群 © Shigeki Tsubouchi

「なかのZEROプラネタリウム」坪内重樹さん撮影の流星群 © Shigeki Tsubouchi

  • 113

  •  

 なかのZERO西館(中野区中野2)4階のプラネタリウムが7月16日、特別投影イベント「大人のための天文教室」を開催する。

(関連フォト)なかのZEROプラネタリウムの投影機

[広告]

 土曜・日曜・祝日のみプラネタリウムを投影している同館。対象年齢を分け、子ども向けの「ちびっこプラネ」「こども星空探偵団」と大人向けの「一般投映」を毎月テーマを変えて投影している。毎年夏には「七夕特別投映」「夏休み星空ガイド」「夏期特別投映」などの特別投影プログラムを開催し、子どもたちやファミリー向けの投影だけでなく、一般向けの「夏期特別投映」も行っている。

 今回のイベントでは「流星群の予報」に焦点を当てる。かつて流星群の予報は困難だと思われていたが、近年科学的な手法で可能になってきたことを「どのように予報しているのか」を踏まえて説明するほか、この夏の流星群の見どころも合わせて解説する。講師は国立天文台天文情報センターの佐藤幹哉さんが務める。

 18時開始。料金は500円(未就学児入場不可、小学生保護者同伴)。参加希望は電話(TEL 03-5340-5045)で受け付ける。先着100人。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース