見る・遊ぶ

「昭和の街」東中野ムーンロードが秋祭り ジャズやサンバ、ゴスペルや大道芸も

シャンソンバー「マ・ヤン」のママ・東田敬子商店会長(昨年の様子)

シャンソンバー「マ・ヤン」のママ・東田敬子商店会長(昨年の様子)

  • 64

  •  

 JR東中野駅東口北側に位置する「東中野ムーンロード」(中野区東中野4)で10月8日、「ムーンロード秋まつり」が開催される。主催は東中野駅前飲食店会。

(関連フォト)ムーンロード・レインボーマン(右)と「Dead Gunman's Society 14」の面々

[広告]

 同イベントは、「昭和の街」と呼ばれる「ムーンロード」の恒例行事。「マ・ヤン」「大政小政」「ちょいと一杯」「旅」などムーンロードにある店舗の店内イベントのほか、路上では近隣の店も合わせ16の店舗や団体が参加。大道芸人やライブが行われる。

 参加店舗と提供メニューは次の通り。「昭和の街を保存する会」=焼きそば、「シャンソニエ マ・ヤン」=鳥めし弁当、「創作ダイニング こ卯(う)さぎ亭」=生ビール・豚汁・ミートボールトマト煮・玉こんにゃく、「パオ屋台」=水ギョーザ・包餠(パオピン)・酒、「隠れ家 二三+地熱風」=段ボール燻製(くんせい)・希少芋焼酎・煮物・ビール・チューハイ、「スペインバル HastaLuego(アスタルエゴ)」=ワイン・デリ、「TAKE COFFEE&BAKE」=焼き菓子・ドリンク、「まみーたSakuraのオススメ食材」=ナッツ・ドライフルーツ、「Dead Gunman's Society 14」=射的・ウイスキー・ラム酒・軽食、「路地裏酒場 ちょいと一杯」=塩もつ煮込み・ガツ刺し、「銘酒居酒屋 大政小政」=日本酒、「インターナショナル・ビルメンテナンス+ヒガナカ・プロジェクト」=ポップコーン・アート作品、「四万十 旅」=土佐かつおほか、「Bar FooL」=ビール、「タコロード」=たこ焼き、「海鮮串天ぷら 中野家」=サンマ塩焼き。

 出演者は、ジャズ「鎌倉清年JAZZ仲間たち」、サンバ「SAMBA B.B.M」、ゴスペル「COCORO*CO」。パフォーマーも参加する。

 シャンソンバー「マ・ヤン」のママで商店会長の東田敬子さんは「みんなが元気になるよう、そしてこれからもムーンロードが発展し続けられるよう、今年はフルスペックで開催する。この場所がまだまだ元気であることを皆と分かち合いたい」と話す。

 開催時間は12時~17時。

 「ムーンロード」の正式名称は「東中野駅前飲食店会」で、戦後東中野で最も栄えた商店街の一つ「飲食店街 住吉小路」から現在の名前に変わった。小路が三日月のように曲がっていることから、「ムーンロード」と呼ばれるようになったという。昔ながらの店舗と狭い路地が特徴の「昭和の街」として映画やドラマの撮影も行われているが、再開発の波の中で近年移転する店舗が多くなっていて、約50メートル四方にかつて50店舗ほどあったが現在は約20店舗が営業している。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース