食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

サンプラザ中野くんも「RUNNER」熱唱-中野で「ランニングフェスタ」初開催

10キロランニング、スタート時のようす

10キロランニング、スタート時のようす

  • 0

  •  

 中野四季の森公園(中野区中野4)周辺で2月2日、「中野ランニングフェスタ2014」が開催された。

サンプラザ中野くんとパッパラー河合さんのライブのようす

 「親子から高齢者までが楽しめるマラソン&ウオーキング大会」をコンセプトとした同イベント。約1700人がランニングまたはウオーキングでエントリーし、ボランティアスタッフは約200人、中野四季の森公園周辺への来街者は約6,000人となった。

[広告]

 9時ごろには特設ステージで麻沼雅海実行委員長による開会宣言が行われ、来賓の田中大輔中野区長、伊東しんじ中野区議会議長、小松茂野方警察署長があいさつした。小松署長は「今回は野方警察署管内のみとなるが、これから中野警察署とも協力して大きな大会になることを望んでいる」と話した。

 9時30分には2キロのランニング約300人と3キロ約300人のウオーキングが、10時40分には4キロのランニング約300人がスタート。ランニングでは、女性白バイ隊員チーム「クイーンスターズ」の先導によりレースがスタートした。

 11時には特設ステージでサンプラザ中野くんのライブが始まった。パッパラー河合さんと共にヒット曲「RUNNER」を含む全3曲を披露し、オーディエンスと一体となったライブは大きな盛り上がりを見せた。

 12時ごろには、1996年アトランタオリンピックの男子マラソン日本代表の実井謙二郎さんとソフトボール日本代表でアテネオリンピック銅メダル・2008年の北京オリンピックでは金メダルの上野由岐子さがゲストランナーとして登場し10キロのランニング約600人がスタート。

 東京アスレティッククラブのブースでは「オリンピック体操のメダリストとのふれあいイベント」が開催され、バルセロナオリンピック個人銀メダルの池谷幸雄さん、アテネオリンピック団体金メダルの中野大輔さん、北京オリンピック団体銀メダルの坂本功貴さんと記念撮影したり、メダルを触ったりしている親子連れでにぎわいを見せた。

 会場には、東京中野ライオンズクラブのゆるキャラ「なっこい」や鷺宮の妖精「さぎプー」、警視庁のキャラクター「ピーポくん」、東京消防庁「キュータ」らも登場したほか、「ナカナカノバンド」の演奏や、中野区観光大使のメトロポリちゃんVと津村京子さんもステージに登場し非公認の中野の歌「ナカノナノカナ」を披露した。

 実井さんと上野さんのトークショーも実施。子どもたちから「どんなものを食べたら強くなれるのか」などの質問がされ、「色とりどりのものを食べることを心がけている」と実井さん。質問した子どもたちにサインをプレゼントした。

 競技では10キロランニング高校生一般男子の部では河原井司さんが29分5秒、同高校生一般女子の部では三輪槙さんが36分40秒のタイムでそれぞれ優勝した。参加者の中にはかぶり物をしたランナーが多く見られ、ランニングを楽しんでいた。

 中野で初開催となった同イベントだったが、数人が転倒などですり傷を負ったのみで大きなトラブルはなく、無事に閉幕した。

Stay at Home