見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

ハプニング続出の「新人監督映画祭」閉幕-開会式では「エアー鏡開き」も

オープニングセレモニーでは急きょ「エアー鏡開き」が執り行われた

オープニングセレモニーでは急きょ「エアー鏡開き」が執り行われた

  •  

 中野セントラルパーク(中野区中野4)サウス棟「コングレスクエア」1階と地下1階で3日間開催した「第1回新人監督映画祭」が11月30日、閉幕した。

(新人監督映画祭関連フォト)レッドカーペットイベント終盤で豪雨の中登場した俳優の津田寛治さんは、びしょぬれのMCを気遣う場面も

 同映画祭は「中野から、世界へ。」をコンセプトに、新人監督にとっての「開かれた映画祭=世に出るチャンスを与える機会」を創り、中野区を新しい映像文化の発展する地として活性化し、世界を目指す映画監督を育てていくことを目的としたイベント。

[広告]

 初日の10時にはオープニングセレモニーが行われ、大高正大実行委員長があいさつ。田中大輔中野区長、世界的なアニメーター兼キャラクターデザイナーの須田正己さん、デジタルハリウッド大学の杉山知之学長らと、中野区内の団体代表らが登壇した。その際、MCが古い台本を読み、用意されていない「鏡開き」を田中区長に依頼してしまうというハプニング。区長は機転をきかせて「みなさんで鏡開きを行いましょう」とハプニングを一蹴し、登壇者全員で「エアー鏡開き」を行った。

 2日目の11時からは約30メートルを監督や役者らが歩くレッドカーペットイベント。同伴の女性に「ナイスですね!雨でぬれちゃってますね!」と笑いを誘っていた村西とおるさん、「電エース」らを引き連れつつ1人だけ傘を差してきた河崎実監督など、約30組100人以上がレッドカーペットを歩いた。開始直前から降り出した雨は、ラスト近くになると雨脚が強まり、カーペットが水没するほど。「六月燈の三姉妹」の津田寛治さんと西田聖志郎さんの2人はチェッカーボードの前に立つと、傘も差さずにびしょぬれになっているMCの二木智耶子(ふたつぎちやこ)さんを気遣った。二木さんはブログで「やさしい声をかけられ泣きそうになった」とコメントしている。

 映画祭は、招待作品を含めて250近くもの作品の中から選定された147作品を3日間で上映した。2日目は悪天候ということもあり、予想来場数を若干下回ったが、最終日には立ち見や入場制限となった作品が多く見られた。中には「21本もの作品を楽しんだ。こんなに映画ざんまいの時間を過ごせたのは30年ぶり」という参加者も。

 最終日の21時30分ごろには表彰式が始まった。審査員が表彰式直前まで議論を繰り広げていたということで、30分以上遅れてのスタートとなった。高倉健さん主演「居酒屋兆治」で助監督を務めた大高委員長は、「高倉健さんが他界された直後にこの映画祭を開催させていただいたことにメッセージを感じる。これからの映画業界を担う新人監督が羽ばたける土壌を作り続けたい」と話した。

 受賞作品は、「シナリオ部門」は敦賀零さんの「贋作王」がグランプリを受賞した。「コンペティション部門」の「短編作品」は藤井悠輔監督の「COIN LAUNDRY」がグランプリ、大川祥吾監督の「サムライオペラ」が準グランプリ。「長編作品」は齋藤俊道監督の「小春日和」がグランプリ、戸田彬弘監督の「ねこにみかん」が準グランプリを受賞した。中野賞は「電エース」の河崎実監督、グローバル新人監督賞は「邂逅(かいこう)」のジャッキー・ウー監督、最優秀監督賞は「赦免花(しゃめんばな)」の軽部進一監督、「ある視点部門」審査員特別賞は「ナイスですね村西とおる」の高槻彰監督が受賞したほか、男優賞や女優賞なども発表された。

 授賞式では、受賞者が登壇し、大高委員長から受賞プレートなどが手渡される形で進められていたが、「長編作品」グランプリの斉藤監督が現れず、お開き直前に到着。斉藤監督は「恐らく人生で最大の失態、ホテルで寝てしまった。関係者の電話で目が覚めた」と話した後、「41分の映画を長編として扱っていただきうれしかった。これを励みに、この作品を2時間にすることを目標にしているのでこれから努力したい」と話した。メーンMCの水沢有美さんは「夢でなくて良かったですね!」と会場の笑いを誘っていた。「電エース」河崎監督もすでに会場を後にし、自身が経営する薬師あいロード「ルナベース」(新井1)で打ち上げ中に携帯電話から受賞コメントを話していた。

授賞式は23時前に終了し、映画祭はお開きとなった。審査員の一人は「この映画祭は、いろいろな団体や企業のプレッシャーは一切ない。そして大高委員長や和田チェアマンはじめ、一生懸命スタッフらが手探りで作り上げてきたもの。いろいろなトラブルやハプニングが起こったが、それも新人監督映画祭らしくて良いと感じた。必ず第2回以降もずっと続けてほしいし、応援したい」と話した。

 同映画祭は、3日間で会場入りした人はのべ約3000人となった。