食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

中野駅南口にアメリカンダイナー新店 10種のバーガーや独自スムージー売りに

店舗のファサードは以前この場所にあった理容店のものを流用

店舗のファサードは以前この場所にあった理容店のものを流用

  • 0

  •  

 JR中野駅南口ファミリーロードに9月8日、「CAFE&DINNER WIN'P-S(ウインピース)」(中野区中野2、TEL 03-6304-8961)がオープンした。

「CAFE&DINNER WIN'P-S(ウインピース)」外観

[広告]

 「気軽に利用できるアメリカンダイナー」をコンセプトとした同店。同区内在住で店主を務める矢ケ崎峰和さんが、「地元でアメリカンな店舗を構えたい」と物件を探し、念願の店舗を構えた。店舗のファサードは以前この場所にあった理容店のものを流用して作成し、内装はパナマをイメージしたという。席数はテーブル23席とスタンディング席。

 フードメニューは、定番の「クラッシックバーガー」「ベーコンチーズバーガー」のほか、矢ケ崎さんが「とことんまでチーズを味わってほしい」という「モストチーズバーガー」、激辛の「デスペラードバーガー」など10種類のハンバーガー(900円~)と、「特製キーマカレー」、トマトソースで煮込んだひき肉をバンズで挟んだカリフォルニアの家庭料理「スロッピージョー」、ランチ限定メニューとして5種類の「サンドイッチ」、夜限定メニューとしてニンニク風味のオイスターソース焼きそば「グランシスコ」なども用意する。

 ドリンクメニューは、スムージーのような7種類の「オリジナルミルクフローズン」(600円)とピニャコラーダやミックスベリーなど4種類のフローズン用シロップ、「バドワイザー」「ハイネケン」などのボトルビール(500円~)、「サッポロ生ビール黒ラベル」(500円)のほか、 「たる生スパークリングワイン」(450円~)、「カシスソーダ」「カルーアミルク」「モヒート」などのカクテル(750円~)などを用意する。

 矢ケ崎さんは「お昼も夜もワイワイガヤガヤ楽しく集うことのできる、使い勝手のよい店を作りたかった。なかなか食べることのできないメニューも用意したので、より多くの人たちに利用され愛される店にしたい。この店を成功させて、中野区内にいろんなジャンルの店を増やしたい」と意気込む。「モニターも設置しているのでパブリックビューイングのようなイベントもやっていきたい」とも。

 営業時間は11時30分~24時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース