食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

中野・昭和新道にベトナム屋台料理店 ご当地ビール、生米麺と本場焼き鳥売りに

ベトナム・ハノイ「ビンミン」直伝の焼き鳥「ビンミンセット」

ベトナム・ハノイ「ビンミン」直伝の焼き鳥「ビンミンセット」

  • 0

  •  

 JR中野駅北口・昭和新道に11月8日、ベトナムローカルビアホール「BIAHOICHOP(ビアホイチョップ)」(中野区中野5、TEL 03-5942-4532)がオープンした。

プロパガンダポスターをモチーフにした壁画のある店内

 オーナーの茂木貴彦さんは和食店などで修行後、イギリスに日本食レストランを立ち上げ、2002年からベトナム料理を研究し、日本米を使った日本初の生米麺を開発。同店は、2003 年に高円寺、2014年には吉祥寺にオープンした「チョップスティックス」3号店の位置付けでオープンした。2012年にはベトナムの首都・ハノイのリーバンフック通りにある焼き鳥専門店「ビンミン」の東京支店も立ち上げており、同店は「チョップスティックス」と「ビンミン」を融合した「ベトナムの屋台」をコンセプトとしている。店名はベトナムの屋台で出されているビール「ビアホイ」から付けたという。

[広告]

 ランチメニューは、「あっさり蒸し鶏のフォー」(650円)や「牛すじのフォー」「蒸し鶏とトマトのフォー」(以上700円)など日本米を使用した生麺のフォーを中心に、海南チキンライスの「コムガー」(750円)や、テークアウトが可能なベトナムパンのサンド「バインミー」(600円)なども用意する。

 ディナーメニューは、「骨付きモモ肉」(500円)、「モモ小」「手羽」「ハツ」「ガツ」「足」「すなぎも」(以上、1本190円)や「マルチョウ」(1本250円)などのベトナム風焼き鳥、「カキの香味油焼き(1個)」(330円)や「海老(えび)の香味焼き(2尾)」(580円)、「イカの特製レモングラスチリソース焼き」(680円)などの海鮮焼きを提供。「青パパイヤと蒸し鶏のサラダ」(680円)、「ヘチマと豚肉のヌクマム炒め」(780円)、「バインセオ(ハーフ)」(780円)、「揚げ豆腐のマムトムタレ」(380円)、「海老のタマリンド炒め」(980円)などのアラカルト、ランチにも提供している各種フォーやコムガーなども。

 ドリンクメニューは、「333」「ラルー」「フダ」「ダイ ビェット」「サイゴンスペシャル」などのベトナムビール、ワイン、サワー、ハイボール、カクテル、ソフトドリンクなどのほか、「ネプモイ」「ネプムカ」「ルアモイ」などのベトナム焼酎と「ベトナム焼酎飲み比べセット」(780円)も用意する。「白玉と緑豆・小豆とココナッツミルクの冷た~いミックスチェー」「黒米と白玉・ココナッツミルクの温か~いチェー」(以上480円)などのベトナムスイーツも。

 店長を務める菅原健二さんは「大衆酒場のように、気軽にベトナム料理とお酒を楽しんでほしい」と話す。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時30分、ディナー=17時~23時(以上、ラストオーダー)。火曜定休。

Stay at Home