見る・遊ぶ

ポレポレ東中野で泡沫候補追うドキュメンタリー映画「立候補」、6年ぶり再上映

映画「立候補」キービジュアル © 2013 word&sentence

映画「立候補」キービジュアル © 2013 word&sentence

  •  
  •  

 東中野の映画館「ポレポレ東中野」(中野区東中野4)が5月11日から、映画「立候補」を再上映をする。

(関連フォト)映画「立候補」チラシ

 マック赤坂さんら「泡沫(ほうまつ)候補」と呼ばれる人たちに密着した同作品。マック赤坂さんは、過去に東京都知事選や大阪市長選に立候補し落選、今年4月21日に行われた東京都港区議会議員選挙に立候補し、初当選したが、同品はマック赤坂さんの港区議選より前に選挙戦を戦った時のドキュメンタリー。

[広告]

 2013年にポレポレ東中野で公開された藤岡利充監督の作品で、監督自身の映画監督に懸ける夢とリンクした「夢追い人」という企画からスタートした。「立候補」というタイトルから社会的なテーマを連想するが、「夢を追う人」という普遍的なテーマであることや、映画を見た人に「マック赤坂さんのイメージとは結びつかない」と言われた内容が話題を呼び、7カ月にわたる異例のロングランを記録した。第68回毎日映画コンクールドキュメンタリー映画賞、ドイツNIPPON CONNECTION観客賞なども受賞した作品。

 2011年11月に行われた大阪府知事選挙と市長選挙のダブル選挙を舞台に、スマイル党総裁のマック赤坂さん、2度目の府知事選に挑戦する高橋正明さん、7歳の娘を持つ61歳の中村勝さん、初選挙の岸田修さん、政見放送が特徴的だった外山恒一さん、泡沫の最高峰と言われた羽柴秀吉さんらを追う。「歴史に残ることのない、存在を消し去られた敗者の記録」をうたう。

 藤岡監督は「マックさんは自由気ままにさまざまな表情を見せる。コインの裏表のように、好きになる顔も、嫌いになる顔も持っている。どこまでも自分の感情を信じ、素直に行動する姿に、私は引かれ、記録した。スマイルというよろいを取った瞬間のマック赤坂の魅力を感じてほしい」と話す。

 上映開始は連日19時~。料金は、当日一般=1,300円(小学生以下および障がい者=1,000円)。

  • はてなブックマークに追加