食べる

観光協会プロデュースの「中野キャンパス弁当」販売開始 明大中野キャンパス中庭で

「彩り極上ポークカレー(とんこつスープ使用)」

「彩り極上ポークカレー(とんこつスープ使用)」

  •  
  •  

 中野区観光協会プロデュース「中野キャンパス弁当」が7月8日から、明治大学中野キャンパス(中野区中野4)中庭で販売開始された。

(関連フォト)中野区観光協会のキッチンカーで販売

 同協会の街おこしプロデューサー藤井聡さんが企画し、過去数年開催されていた「中野の逸品グランプリ」常連の飲食店らの協力の下で実現した「中野キャンパス弁当」。同協会の宮島茂明理事長は「協会設立当初から、明治大学や帝京平成大学らの学生たちに、中野のおいしくて心のこもった手作りの味を食べてもらいたいと考えてただが、今回ようやく実現できた」と話す。

[広告]

 販売する弁当メニューは、「コロッケ西郷亭」(野方2)の「4種のコロッケ弁当」「西郷亭の日替わり弁当」、「惣菜屋敷 ぱた亭」(江古田3)の「特製煮込みハンバーグ弁当」「ぱた亭詰合せ幕の内弁当」「ブラックアンガスビーフのカルビ焼き弁当」、「メイハーネ オゼリ」(上高田5)の「チキンケバブ丼」「ヘルシーチキンケバブ丼」、「薬師の大番」(上高田3)の「彩り極上ポークカレー(とんこつスープ使用)」などを予定。販売はキッチンーカーで行う。

 藤井さんは「弁当を提供してくれるのは中野逸品グランプリを受賞した店や地域に愛された人気店ばかり。弁当は一般の方々も購入できるので、ぜひこの機会に中野の食文化を感じて頂き、交流を深めてほしい」と話す。

 販売は平日のみ。販売時間は11時30分~13時30分(無くなり次第終了)。価格帯は500円~650円。販売は明治大学中野キャンパスの夏季休暇前まで。

  • はてなブックマークに追加