暮らす・働く

鷺宮小学校で恒例「鷺宮盆おどり」 地元オリジナル「さぎプー音頭」や観光大使登場も

中野区観光大使メンバーは今年も参加予定

中野区観光大使メンバーは今年も参加予定

  •  
  •  

 「鷺宮盆おどり」が8月3日・4日、西武新宿線鷺ノ宮駅近くの中野区立鷺宮小学校(中野区鷺宮3)校庭で開催される。主催は鷺宮商明会。

(関連フォト)毎年登場するご当地ゆるキャラ「さぎプー」

 今年で46回目を迎えた同盆踊り。校庭中央に櫓(やぐら)を設置し2日間通して盆踊りを行うほか、綿あめ、焼きそば、かき氷などの屋台、金魚すくい、輪投げ、スーパーボールすくい、ヨーヨー釣りなどの模擬店が出店。中野法人会の「税金クイズ」なども行う。

[広告]

 2012(平成24)年に開催された第39回に初登場した地元の妖精、ご当地ゆるキャラ「さぎプー」も来場予定で、昨年完成したオリジナルご当地音頭「さぎプー音頭」も行う。そのほか、地元の小学生や中学生、高校生がダンスやブラスバンドなどを披露するほか、地元ダンスチームや和太鼓チームの演舞、中野区観光大使によるライブ、鷺宮小学校の児童が描いた盆踊りポスターの表彰式も行う。

 実行委員長の米谷直人さんは「昨年披露したご当地『さぎプー音頭』。さぎプーと鷺宮のことを歌った楽しい歌詞、覚えやすく、踊っていて楽しい振り付けなので、地域の皆さんに覚えていただき、踊ってもらいたい」と話す。

 開催時間は16時~。

  • はてなブックマークに追加