食べる

中野五差路に串カツ新店 大阪串揚げスタイル、かすうどんやどて焼きも

串カツ「ICHIFUKU」外観

串カツ「ICHIFUKU」外観

  •  
  •  

 串カツ「ICHIFUKU(いちふく)中野店」(中野区中野3、TEL 03-6382-5135)が8月1日、中野通りと大久保通りの交わる「中野五差路」交差点近くにオープンした。

(関連フォト)「お任せ盛り(8本)」

 2度づけ禁止の大阪串揚げスタイルで関東1号店としてオープンした同店。肉類や魚介類の串カツを売りに、おつまみや鉄板焼きなども用意する。席数は、テーブル18席、カウンター7席、合計25席。

[広告]

 串カツメニューは、牛串、豚バラ(以上100円)や鶏モモ、砂ぎも(以上160円)などの肉類、イカ、ホタテ、タコ(以上210円)などの魚介類、玉ねぎ、白ネギ、ししとう、エリンギ(以上130円)やしいたけ、ぎんなん、ヤングコーン」(以上160円)などの野菜類のほか、ちくわ、紅しょうが、ウインナー、もちチーズなどと、お任せ盛りなどを用意する。

 そのほかのフードメニューは、「どて焼き」「とうもろこしのかき揚げ」「素揚げエビ」などのつまみ類、枝豆、冷奴、白菜キムチなどのほか、締めの一品として「肉吸い」(590円)や「かすうどん」(880円)なども用意する。

 ドリンクメニューは、「キリン一番搾り」などのビール類、「コークハイボール」「生ジンジャーハイボール」「黒富士ハイボール」などのハイボール類のほか、サワー類、ホッピー、焼酎、梅酒、ワイン、ソフトドリンク類を用意する。

 営業時間は17時~翌5時。鉄板焼きも近日中に提供開始予定。

  • はてなブックマークに追加