3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

中野・織田学園で着物女子が巨大豆腐に献針 「針供養祭」で「針」ねぎらう

「針供養祭」で巨大豆腐に献針する織田きもの専門学校の生徒

「針供養祭」で巨大豆腐に献針する織田きもの専門学校の生徒

  • 95

  •  

 JR中野駅周辺で5つの専門学校を運営する織田学園(中野区中野5)の織田きもの専門学校と織田ファッション専門学校が合同で12月6日、「針供養祭」を行った。

中野・織田学園で着物女子が巨大豆腐に献針 「針供養祭」で「針」ねぎらう

 同祭は、普段より裁縫道具として針を使っている両校の恒例行事。着物や洋服を縫う際に変形した針の労をねぎらうもので毎年同月8日を針供養の日と定めているが、今年は日曜となるため平日に繰り上げての実施となった。

[広告]

 10時から会場の特設祭壇に準備されたお神酒・海の幸・山の幸・果物の前で、中野氷川神社(東中野1)の神主による神事が執り行われた。

 神主が玉串を奉納した後、両校の校長や教員・職員、着物姿の女子生徒約100人らを含む約300人による「針供養」が行われた。針を刺す豆腐は30丁(30×50×20センチ)サイズの特注豆腐2丁。祭壇に5人から8人ずつ登壇し、各自持ち寄った針を豆腐に刺して針をねぎらった。

Stay at Home