食べる

パパブブレがバレンタイン向けロリポップ発売 割るとハートが隠れているものも

「ハートのロリポップ」から現れる可能性がある「ラッキーハート」バージョン

「ハートのロリポップ」から現れる可能性がある「ラッキーハート」バージョン

  • 70

  •  

 アートキャンディーショップ「PAPABUBBLE(パパブブレ)」を運営するPAPABUBBLE JAPAN(中野区新井1、TEL 03-5343-1286)は中野店など全国の直営全店舗で1月25日、バレンタインシリーズ第2弾「ロリポップシリーズ」の販売を始めた。

(関連フォト)「ハートのロリポップ」から現れる可能性がある「ギザギザハート」バージョン

 「復活させよう!ドキドキする昭和なバレンタイン」をコンセプトに、「年に一度、女性から男性に告白できる、ドキドキする一日だったバレンタイン。今では、ドキドキ感が薄れたスイーツイベントの日になった。令和初のバレンタインを迎えるにあたり、パパブブレでは、あえて『昭和なバレンタイン』を復活すべく、女子が一年で一番ドキドキするバレンタインを盛り上げる」(同社)ことを目的としたバレンタインシリーズ。

[広告]

 今年のバレンタインロリポップシリーズは、3色の「くちびるロリポップ」(612円)、定番のカラーバリエーション4種類「ハートのロリポップ」(713円)。「さらにドキドキを加速させるため、割れると中からハートが現れるキャンディーを何本かこっそりと混ぜた」(同社)という「ハートのロリポップ」は、キャンディーを割ったときに「ラッキーハート」か「ギザギザハート」が現れる場合があるという。「ギザギザハート」のロリポップだった場合、キャンディーの棒を店舗まで持っていけば「癒やしのプレゼント」が進呈される。

 中野店の営業時間は10時~20時(日曜・祝日は19時まで)。

 スペイン・バルセロナ発の「パパブブレ」は、伝統のあめ細工の技術を用い、客を楽しませるパフォーマンスを取り入れたキャンディーショップ。「世界一おもしろいお菓子屋さん」をコンセプトに、2005(平成17)年6月には日本1号店として中野店がオープン。現在は東京都内や横浜、大阪、福岡、千葉、仙台などに直営店を展開している。

Stay at Home