食べる

中野レンガ坂にサンドイッチのような「山ちゃんバーガー」 朝と昼だけオープン

朝と昼の「山ちゃんバーガー」店長を務める山ちゃんこと山下康平さんと「Bacchus」外観

朝と昼の「山ちゃんバーガー」店長を務める山ちゃんこと山下康平さんと「Bacchus」外観

  • 159

  •  

 サンドイッチバーガーを提供する「山ちゃんバーガー」(中野区中野3)が8月1日、中野駅南口レンガ坂商店街にオープンした。

(関連フォト)モーニングバーガー「ヤングコーンポテサラバーガー」(350円)

 同商店街内の中腹に位置するダイニングバー「Bacchus(バッカス)」内に、朝と昼の時間帯限定でオープンする同店。「Bacchus」の異業態としてモーニングとランチタイムに屋号を変えて営業を行う。店長は山ちゃんこと山下康平さんが務める。山下さんは数年間、同じくレンガ坂の「ワイン蔵BANKAN(バンカン)」で料理担当をしていたこともあり、同店のチラシには「中野に帰ってきた山ちゃんが贈るヘルシーだけど食べ応えたっぷりのサンドウイッチバーガー」と書かれている。

[広告]

 提供するモーニングバーガーメニューは、「たっぷりコーンバーガー」「うずらてりたまバーガー」「ヤングコーンポテサラバーガー」。ランチバーガーメニューはモーニングバーガーメニューのほか、「国産地鶏の鶏ハムバーガー」や「山ちゃん気まぐれバーガー」などを追加し、バーガーとドリンクとサイドメニューがセットとなった「欲張りランチセット」も用意する。バーガーのバンズは手作りパンの人気店「峰屋」(新宿6)のバンズを使っている。ドリンクは瓶コーラやピーチジュースなどのソフトドリンクと、ランチタイムには生ビールやレモンサワーなどのアルコールも追加される。

 山ちゃんは「かつてこのレンガ坂でいろんな人と出会い、支えられ、育てていただいた。人情味あふれるこの街が好きで、いつかは戻ってきて、恩返しがしたいと思っていた。Bacchusに合流し、朝と昼を任せていただけることとなったので、朝の忙しい時間に手軽に手に取っていただけるサンドイッチのようなハンバーガーを提供することにした。少しでも日々の生活の一部、自宅の一部になれたらうれしい。小さなお子さま連れやファミリー、老若男女誰でも食べやすく、気楽に来店していただけるよう心掛ける」と話す。「1年で自分の店を出したい。より多くの人たちと出会い、山ちゃんバーガーをお届けしたい」とも。

 営業時間は、モーニングバーガー=7時~10時、ランチバーガー=10時~14時。モーニングはテークアウトのみ、ランチタイムは店内でも飲食できる。

Stay at Home