見る・遊ぶ

延期していたオーケン「特撮20周年記念展」開催へ 中野「墓場の画廊」で

「特撮」の「ブルー・スリー」CDジャケット ©オーケン企画

「特撮」の「ブルー・スリー」CDジャケット ©オーケン企画

  • 79

  •  

 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた「特撮20周年記念展~オーケンソロワークスもあるよ~」が9月4日、中野ブロードウェイ(中野区中野5)3階「墓場の画廊」で始まる。

(関連フォト)オーケンアクリルフォトスタンドと大槻ケンヂさん

 オーケンさんこと大槻ケンヂさんが2000(平成12)年に結成し、20周年を迎えたロックバンド「特撮」のCDとブルーレイの2枚組作品「ブルー・スリー」が9月4日に発売されることを記念した同展。本来は4月に予定されていた「特撮」ツアーに合わせての開催予定だったが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止と政府からの非常事態宣言の発令を受け、同画廊を臨時閉廊した関係で記念展は延期、4月17日から30日の間にオンラインショップのみでのイベントとしていた。

[広告]

 メンバーズカードがランダム封入される特典付き「ブルー・スリー」(2,300円)が同画廊で先行販されるほか、同展での販売グッズは、特撮のライブには欠かせないという横断幕やタオル、バッキードレスシャツ、ボタンダウンシャツ、革製品、Tシャツなど幅広いラインアップとなっていて、オンラインショップにはオーケンさん本人による商品紹介動画もアップされている。初日からの3日間は事前に予約が必要(無料)で、同展イベントページから申し込む。

 開催時間は12時~20時(土曜・日曜・祝日と9月4日は11時~、同月5日と6日は10時~)。今月13日まで。

 1979(昭和54)年に中野区内の中学生だったボーカルの大槻ケンヂさんとベースの内田雄一郎さんが中心となり結成したバンドが前身である「筋肉少女帯(筋少)」は1988(昭和63)年6月、トイズファクトリーからアルバム「仏陀(ぶっだ)L」とシングル「釈迦(しゃか)」でメジャーデビュー。オーケンさんは1999(平成11)年に筋肉少女帯を脱退し、翌年にはオーケンさんが中心となって「特撮」を結成。「特撮」のメンバーはオーケンさんのほか、三柴理(みしばさとし)さん、NARASAKIさん、ARIMATSUさんの4人編成。

Stay at Home