食べる

東中野にラーメン店「覆めん花木」 神保町「覆麺智」から独立、プレ営業中は覆面で

プレオープン中はマスクをしていた店主の花木裕之さん

プレオープン中はマスクをしていた店主の花木裕之さん

  • 361

  •  

 JR東中野駅西口の南側山手通り沿いに11月1日、ラーメン店「覆めん花木」(中野区東中野1)がグランドオープンした。

(関連フォト)店主お薦めの「ラーメン(わんたん2つトッピング)」

 東中野にある中野氷川神社の北側・山手通り沿いに位置する同店。10月19日から「プレ営業中」という段ボールの看板を掲げ、店主である花木裕之さんは黄色の覆面で営業をしていることでSNS上でもちょっとした話題となっていた。花木さんは神保町の人気店「覆麺 智」の中毒性の高いラーメンにはまって5年間客として通い続け、2015(平成27)年からは店舗で修業し、のれん分けで独立した形。「覆麺 智」同様、濃厚だしスープをベースとした濃い口系ラーメンを提供するという。席数はカウンター6席。

[広告]

 ラーメンメニューは「ラーメン」(800円)、「味玉ラーメン」(880円)、「チャーシューメン」(1,100円)、「味玉チャーシューメン」(1,180円)で、トッピングは味玉、生卵、のり、ネギ、メンマ、チャーシューなどのほか、わんたん(1つ・2つ)や青とうがらしなども用意し、わんたんは毎日2種類の味を用意する。ドリンクは「瓶ビール(中瓶)」(500円)のみ。

 花木さんは「『覆めん』というと注目はマスクにいきがちですが、『覆』の字は『覆す』とも読める。食べた人のラーメン観をひっくり返すような、そんな一杯を作っていきたい」と話す。

 営業時間は11時~19時45分。月曜定休。