暮らす・働く

中野区、「コロナに負けない!なかのわくわく商品券」で区内商業を独自応援

「コロナに負けない!なかのわくわく商品券」サンプル

「コロナに負けない!なかのわくわく商品券」サンプル

  • 102

  •  

 中野区商店街振興組合連合会(中野区中野2)は11月2日、区内の飲食店や商店を応援するための中野区緊急応援プレミアム付商品券「コロナに負けない!なかのわくわく商品券」の予約受け付けを開始した。

(関連フォト)「コロナに負けない!なかのわくわく商品券」案内チラシ

 新型コロナウイルス感染症の影響で区内経済が大きな影響を受ける中で、区内商業を応援するために同振興組合連合会が企画し、中野区が独自の予算で支援、中野区商店街連合会が運営する中野区緊急応援プレミアム付商品券事業。プレミアム率は30%で、1セット5,000円で6,500円分(13枚)の商品券が購入できる。中野区によると発行総額は7億1,500万円で、うちプレミアム分となる1億6,500万円と関連運営費などを同区が負担する。

[広告]

 1セット6,500円分の券種の内訳は、A=飲食店のみで使用できる券が1,500円分(500円券×3枚)、B=飲食店・一般商店で使用できる券が2,500円分(500円券×5枚)、C=飲食店・一般商店・大型店で使用できる券が2,500円分(500円券×5枚)となっていて、区によると「飲食店を応援するという意味合いが強い」という。

 購入希望者はインターネットまたははがきによる事前申し込みが必要。申し込みは世帯単位とし、購入希望セット数は1世帯の申し込み人数×10セットが上限となる。申し込みは11月16日まで。同商品券の利用可能期間は2020年12月上旬~2021年2月28日。