見る・遊ぶ

中野ブロードウェイのギャラリー「リトルハイ」で漫画家・平松伸二さん漫書展

主人公の雪藤洋士を描いた作品 © S.Hiramatsu

主人公の雪藤洋士を描いた作品 © S.Hiramatsu

  • 121

  •  

 中野ブロードウェイ(中野区中野5)4階のアートギャラリー「Gallery リトルハイ」で8月5日から、漫画家・平松伸二さんの「漫書(まんしょ)」展「完全超悪~ブラックエンジェルズ~」が開催される。

(関連フォト)「完全超悪~ブラックエンジェルズ~」キービジュアル

[広告]

 1955(昭和30)年生まれ、岡山県出身の平松さんは1974(昭和49)年、週刊少年ジャンプに「ドーベルマン刑事」で連載デビュー。同作は映画やテレビドラマ化もされた。代表作「ブラック・エンジェルズ」「マーダーライセンス牙」などのヒット作を手がけ、現在は「コミック乱」に、時代劇となってリブートされた「大江戸ブラック・エンジェルズ」を連載している。

 代表作「ブラック・エンジェルズ」は、優しさとヒューマニズムあふれる個性的で魅力あるキャラクターたちが法で裁けない悪党・外道を華麗に裁いていくという「勧善懲悪」の物語。1981(昭和56)年から週刊「少年ジャンプ」で連載し、販売部数累計800万部、仕置き漫画の金字塔ともいわれる。

 同展では、「漫画」と「書」を融合させた平松さんの「漫書」作品を展示販売する。会場には、『ブラック・エンジェルズ」に登場するキャラクターのイラストに、「心のメッセージ」を込めた力強い筆文字を合わせた「漫書」25点を展示・販売する。

 ギャラリー店主の小高均さんは「美しく迫力がありながら繊細な心を感じさせるアートを眺めながら、正義と優しい心にあふれるキャラクターたちの永遠の活躍をぜひ楽しんでほしい。会期中には平松先生に直筆でイラストを描いてもらえるサイン会イベントも予定しているのでそちらもぜひ」と話した。

 開催時間は12時~17時。月曜~木曜休廊(8月11日の海の日は開廊)。8月28日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース