食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

中野に男子禁制カフェバー誕生-男装「皇子」が「姫さま」お出迎え

耽美(たんび)な衣装に身をまとう「皇子」

耽美(たんび)な衣装に身をまとう「皇子」

  •  
  •  

 JR中野駅北口の中野通り沿いに、「皇子様 男装カフェ&バーPRINCE」(中野区中野5、TEL 03-5942-6026)がオープンして2カ月がたった。

「男装カフェ&バーPRINCE」」内観

 「お姫さまだけの秘密の社交場」をコンセプトとした同店は、「皇子」と呼ばれる男装したスタッフが「姫さま」(客)を迎える場として、3月28日にオープン。店内は「男子禁制」「全席禁煙」となっており、18時までは未就学児同伴でも入店できる。店内はカウンター15席、テーブル席8席。ゴシック衣装に身をまとった「皇子」が常時3~5人在籍し、お酒や料理を作って「姫さま」を迎える。

[広告]

 ドリンクメニューは一般的なジュース類のほか、「皇子の手引きコーヒー」「皇子のまごころティー」(以上1,000円)などと、「カルーア・ミルク」「ファジー・ネーブル」などのほか、「皇子」が「姫さま」の好みに合わせて作る「オリジナルカクテル」(1,000円)や「スパークリンググラスワイン」(800円)、「ビンテージウイスキー」(4,000円~)なども用意。

 フードメニューは、「シーザーサラダ」(700円)、「ソーセージの盛り合わせ」(750円)、「チーズの盛り合わせ」(850円)、「生ハムの盛り合わせ」(950円)、「愛のハートピラフ」(700円)などのほか、「お絵かきオムライス」(1,000円) 「皇子のお絵かきケーキ」(850円)が人気となっている。

 「皇子」のスバルさんは「とてもアットホームな雰囲気なので毎日お越しくださる姫さまや、姫さま同士がお友だちになるなど、グループでも1人でも気軽に来店いただけるのが良さだと思う。姫さまたちの笑顔に僕たち皇子も癒やされているので、楽しくお給仕させていただいている」と話す。

 店長のキスミさんは「誰しも女性はお姫さまとして扱われたい、そんなひそかな願いを実現するために落ち着いた内装で『男装麗人』がお客さまを『姫さま』とお呼びして接客をする、そんな飲食店を作りたかった。女性が1人で来店しても安心なよう男子禁制とし、店内は禁煙でいつも清潔を心掛け、豊富なお酒と紳士な皇子たちが着飾って接客する。池袋や秋葉原とは一線を画す中野で、毎日でも通いたくなる癒やしの空間にしたい」と意気込みを話す。

 営業時間は15時~23時(金曜・土曜は翌5時まで)。

  • はてなブックマークに追加