食べる 買う 暮らす・働く

中野区温暖化対策推進拠点に「漫画カフェ」-手塚治虫さんら著名漫画家作品ずらり

展示中の手塚治虫先生の作品

展示中の手塚治虫先生の作品

  •  
  •  

 中野区が推進する地球温暖化対策の拠点「中野区温暖化対策推進オフィス」(中野区中野5)地下1階に3月1日、「カフェ&マンガミュージアム幻橙館」(TEL 03-6454-0971)がオープンした。

(関連フォト)展示中のさいとう・たかを先生の作品

 同ミュージアムのコンセプトは、「日本のポップカルチャーの聖地である『中野』で、若手からベテランの漫画家によるオリジナル作品を常設展示し、おいしいケーキとコーヒーを楽しみながら作品を鑑賞できる場所」。運営は有画舎(ゆうがしゃ)が行い、大和みどりさんが店主を務める。

[広告]

 オープン初日からの常設展示は、「漫画家による仏の世界展実行委員会」の共同運営「仏の漫画」展。日本漫画家協会の全面協力により、東日本大震災、紛争、テロ、飢餓、貧困など世界各地で起きている悲しい出来事にさまざまな形で支援をしている有名漫画家と同ミュージアムの「鎮魂」と「平和」への願いが込められているという。

 「仏の漫画」展の展示作家は、赤塚不二夫さん、植田まさしさん、上山とちさん、ウノ・カマキリさん、浦沢直樹さん、江口寿史さん、桜多吾作さん、大石容子さん、荻野真さん、一峰大二さん、香取正樹さん、木村直巳さん、小島功さん、さいとう・たかをさん、佐伯かよのさん、里中満智子さん、ジョージ秋山さん、ちばてつやさん、土山しげるさん、手塚治虫さん、寺沢武一さん、新田たつおさん、花村えい子さん、林家木久扇さん、バロン吉元さん、南久美子さん、森田拳次さん、山田ゴロさん、山根青鬼さん、やなせたかしさん。

 カフェの料理を担当するのは、日本で唯一のM.O.F(フランス国家最優秀職人)の称号を取得している美ノ谷靖夫シェフ。チーズケーキやモンブランなど数種類のケーキと、ポットで提供するコーヒーや紅茶、グラスワイン、黒毛和牛フルーツカレー、キッシュ、フレンチトーストなどを用意する。

 同ミュージアムは2月21日からシークレットでプレオープンし、3月1日にはオープニングセレモニーが執り行われた。田中大輔中野区長をはじめ、衆議院議員松本文明代議士、伊東しんじ中野区議会議長、東京商工会議所中野支部の麻沼会長など中野区の経済団体代表らが列席。祝辞を述べた田中区長は「自分は漫画で育ってきた世代、漫画で人間形成をしてきた。日本が世界に誇る漫画文化の情報発信拠点として素晴らしい場所となると思う」と話したほか、ちばてつやさんは「今回開催の『仏の漫画」で、みんなの心が癒やされればうれしい」と話した。

 同社の田中千代美会長は「漫画家の卵がたくさんいるこの中野に、登竜門となるような場所を作れたことをうれしく思っている。すでに成功した漫画家の作品を見ながら、『いつか自分も』と思ってもらえるような場所にしたいし、若手漫画家の作品も展示できるスペースを用意するつもり。中野の漫画文化のコミュニティーになれば」と意気込みを語った。今後は漫画家の個展なども開催する予定という。

 営業時間は11時~20時。入館無料。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加