3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

中野・昭和新道近くに「ヌードルダイニング」 店主「〆にそのままラーメンを」

店主おすすめ「特製鶏白湯ラーメン」(880円)

店主おすすめ「特製鶏白湯ラーメン」(880円)

  • 0

  •  

 JR中野駅北口昭和新道南側入り口近くに4月16日、「NOODLE DINING 鵺(ぬえ)」(中野区中野5)がオープンした。

「NOODLE DINING 鵺」外観

 区内の人気ラーメン店「麺彩房」本店(新井3)で6年間修行し、店長も務めた区内在住の高尾信吉さんが独立し、開いた同店。コンセプトは「ゆっくり飲んで、締めのラーメンも食べられるダイニング」。「鵺は『夜』と『鳥』でできている。そして鵺は鳥や哺乳類、魚類などがブレンドされた妖怪。自分のスープに近いので気に入って命名した」という。席数はカウンター9席。

[広告]

 メニューは鶏白湯(とりぱいたん)スープのラーメンが中心で、「鶏白湯ラーメン」(730円)、「特製鶏白湯ラーメン」(880円)のほか、同月18日以降にはつけ麺「鶏魚介つけそば」(830円)、「特製鶏魚介つけそば」(980円)も提供予定。ドリンクは「ランチビール」(300円)、「ハートランド生」(580円)や各種ウイスキー、焼酎など。現在丼物の提供も検討中という。

 高尾さんは「人気ラーメン店の多い中野には、ゆっくりお酒を飲みながらラーメンを食べるという雰囲気や場所がないと感じていた。昼はラーメン、夜はこの場所でゆっくり飲みながら、締めのラーメンもここで食べてほしい。仕事帰りや帰宅直前に立ち寄っていただけたら」と話す。17日はオープン記念として「鶏白湯ラーメン」を500円、「特製鶏白湯ラーメン」を650円で提供する。

 営業時間は昼=11時30分~14時30分、夜=18時~23時30分(スープが無くなり次第終了、日曜・祝日は11時30分~23時30分)。

Stay at Home