食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

JR中野駅周辺9会場で「中野にぎわいフェスタ」 区内ゆるキャラも集結

中野セントラルパークの様子(昨年)

中野セントラルパークの様子(昨年)

  •  

 JR中野駅の周辺9会場で10月10日・11日、複合イベント「起創展街 中野にぎわいフェスタ2015」が開催される。

中野サンプラザ前の様子(昨年)

 会場は、中野駅北口前広場、中野サンプラザ前広場、中野四季の森公園、中野駅北口暫定広場、中野区役所正面玄関前、中野駅南口三菱東京UFJ銀行駐車場、中野駅南口ファミリーロード、中野郵便局駐車場、中野マンガ・アートコートの9カ所。各会場でさまざまなイベントが開催され、「にぎわいフェスタ」は総称となる。

[広告]

 四季の森公園では飲食や物販ブース・ワークショップ・縁日・中野フットサルクラブイベント・オリンピアンふれあいイベント・税金クイズなど、中野区観光大使によるステージやお笑い・ダンス・ライブなどと、オープニングを含む各種セレモニーが行われるほか、さぎプー・かせいチャン・クルトン中野・なっこいなどの同区内のゆるキャラや、同フェスタ初登場のかんニャン(関東バス)やカンロちゃん(カンロ)など同区内に本社を構える企業や中野にキャンパスを構える大学のマスコットキャラクターなどが集結する。

 中野駅南口を中心としたエリアでは「南口わいわい祭り」と題し、子どもエイサーやキッズダンス、大道芸、太鼓、フラダンス、バンド演奏などを予定するほか、東京アスレティッククラブによるトランポリン体験なども実施予定。

 中野駅北口暫定広場は「NAKANO BeatPark」と命名、中野スケートボード協会がDJイベントやスケートボード教室などを開くほか、フリーマーケットなども予定している。

 中野マンガ・アートコートでは「サブカルチャー満喫フェスタ」と題し、漫画・イラスト・演劇・音楽などの教室を中心に、似顔絵教室なども開かれるほか、コスプレ撮影会や日本酒セミナーも行われる。

 中野駅北口前広場や中野サンプラザ前では「地方創生大物産展」と題し、岩手県久慈市・遠野市・釜石市、宮城県石巻市、福島県喜多方市・田村市、群馬県みなかみ町、千葉県館山市、東京都神津島、石川県(観光物産実行委員会)、山梨県甲州市、鳥取県(とっとり・おかやま新橋館)などの地域が参加するほか、大きな「LEGOブロック」を使って遊ぶコーナーや特産品プレゼントなども実施予定。

 開催時間はそれぞれの会場によって異なる。イベントのタイムスケジュールなどは決まり次第公式サイトなどで公開する。中野四季の都市(まち)では同時開催イベントとして、水素燃料自動車やハイブリットカーなども展示する宮園オート「にぎわいストリート2015」や、明治大学・帝京平成大学・早稲田大学などの周辺大学生らが企画運営する「僕等のナカノ祭2015」、ナカノ動画による実況中継イベント「将棋初段免状獲得戦 in 中野」なども行われる。